2018年03月01日

看取り士日記より…bS8〜もうひとりの家族〜

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
看取り士日記より…bS8
〜もうひとりの家族〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

柴田さん写真-顔写真-4.jpg

 寒さの中、愛らしく咲く雪柳の白い花に見送られて、現場へと急ぐ。
 暖かい居間に健さん(66歳)のベッドがあった。寝室ではなく家族が集まる居間にベッドが置かれている様子に、まずはご家族の温かさを感じて安堵する。すい臓がんの告知から5か月。最期まで自宅でと本人の強い希望でかかりつけ医、訪問看護師さんとの体制が整った翌日、私は訪問した。
 居間の本棚にも、私の著書が何冊も並んでいた。その本を見ながら、奥様が「この本が私たちの頼りです」と微笑まれる。

 「柴田さん、昨夜は40分間痛みが消えなかった。早く死なせてくれと叫んでしまったよ。でも今は全く痛くなくて幸せだね。
 こんなにたくさんの方々が私の周りに集まってくれて、私のために世話を焼いてくれるなんて、なんて幸せ者だろうね。もしかすると、僕が死んだらまだ若いからと同情する人たちがいるかもしれない。でも僕は全部すべき事はした。
 今は死ぬのにちょうど良い。『良い人生だったね』と言って欲しい。柴田さん、看取り士さんはもうひとりの家族だね」
 幸せと言う言葉を連発し、周りの私たちも幸せの中に連れて行ってくださる。
 愛犬はベッドの上で尾をちぎれるほどに振っている。彼の瞳の輝きがますます美しくなっていく。

 うっすらと涙目の奥様に微笑みが戻る。
 「柴田さんが26年をかけてしたかったこと、僕は今やっとわかったよ。最期はみんな幸せで旅立っていくということだよね。がんばってね。妻と出会って、僕の言うことを全て受け入れてくれて、僕は幸せだよ」

 その笑顔が最高だった。死が訪れ、それを受け入れた後に来る悟りの境地。私たち看取り士とって現場で「死」は禁句だが、本人の口からこれほどまでにイメージが作られ、完成させられている潔い場面に立ち会ったのは久方ぶりだった。

 幸せは伝染するもの。そんなふうに教えてくださった健さんに感謝  合掌




【お問い合わせ先】
一般社団法人日本看取り士会
一般社団法人 在宅ホスピス なごみの里
〒701-1145 岡山市北区横井上1609-2-107
TEL 086-728-5772 FAX 086-239-3992
Twitter: @ShibataKumiko

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
posted by たまゆら at 09:00| Comment(0) | 介護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月01日

プラズマローゲン

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  認知・ストレス・睡眠改善機能をもつ
              食品素材としての
       プラズマローゲン
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 プラズマローゲンは、哺乳類では脳や心臓、骨格筋といった酸素消費量の多い組織に比較的多く存在するものです。
 プラズマローゲンは、例えば脳においては、エタノールアミン結合型の占める割合が多い。構造上の特徴としてプラズマローゲンは酸素の反応性の高いビニルエーテル結合を有するため、通常のグリセリン脂質と比較して酸化ストレスに対する感受性が高く、生体内において抗酸化剤として機能していると云われています。
 プラズマローゲンの特許(特願 2015-092999)は、丸大食品(株)及び国立九州大学の共同出願による『学習記憶能力増強剤』が特許審査通知を受領したものです。
 健常な哺乳動物が特定のプラズマローゲンを摂取することにより、健常な学習記憶能力が増強することが認められたものです。

051-プラズマローゲン.jpg


●認知症も重い脳疲労

 「脳疲労」の最も重症型の病気が認知症と言われています。
 健康な人と認知症の人とでは、脳内のプラズマローゲンの量に差があることがわかっています。
 このプラズマローゲンは健康な人であれば自力回復できますが、「脳疲労」の激しい認知症になると自力ではつくりにくくなりますが、外から補うことで対策が可能になりました。
 プラズマローゲンは動物の体内に多く存在しています。これまでは豚や牛から少量抽出されていましたが、最近では鶏ムネ肉やホタテ貝から安定抽出できるようになりました。
(九州大学名誉教授 医学博士 藤野武彦先生談)





【PDF】でご覧になる方はココをクリックしてください。

※バックナンバーはこちらからご覧いただけます。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
posted by たまゆら at 13:00| Comment(0) | 一面記事…P1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■ たまゆら資産形成塾 1月20日(土)

■ たまゆら資産形成塾
◆講師 富永てつ也氏 (富永てつ也税理士事務所 税理士)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
1月20日(土)/第15回・資産形成塾 in 積水ハウス・展示場
        元・国税庁特別調査官が見た!
 大変ですよ〜! マイナンバーが? そして金融機関が?
 予想が的中した・・・マイナンバーの実態と今後の成り行き?
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

051−富永先生写真3.jpg

 今回の会場、青山の積水ハウス・展示場内の会議室は満員御礼。

051−富永先生写真2.jpg

 銀行の預貯金や信託の取り扱いについての窓口担当者の変化などについての近況報告。
 また、一人暮らしの高齢者の遺産が、数十億円も塩漬けになっているそれらの「遺留金」の現実と、自治体の関係など、知らなかった現実が話題に・・・・。約600万人の65歳以上の単身世帯がいる現状で、数百万円の現預金を残して死亡した高齢の市民の遺留金は、相続人の手に渡るまでには戸籍を辿って相続人捜しをするのだが、調査だけでも数ヶ月かかり、相続人不存在や相続人が放棄したりした場合は、行政が相続財産管理人の選任を家庭裁判所に申し立て、管理人となった弁護士が国庫に納める。
 皮肉なことに、生活保護受給者が残したお金も、相当額あると云うのだ。親族間のコミュニケーションが取れていない相続問題は、複雑に絡んだ毛糸玉のようです。
 資産形成塾で相続のトラブル回避策の奥義を見つけていただければ幸いです。

051−富永先生写真1.jpg
マイナンバーを語る富永税理士

051−富永先生写真4.jpg
posted by たまゆら at 12:00| Comment(0) | ホロニックス資産形成塾活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

えっ?!? わたしが「ガン」に?B

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
えっ?!? わたしが「ガン」に?B
株式会社ホロニックス総研 津川典久
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

手術による全摘出か放射線の照射か

 さて、前立腺ガンの治療方法として、ステージ2か3で私の状況では、年齢を考慮して、手術療法(根治的前立腺全摘出術)か放射線療法かを選択することになりました。選択に当たっては、主治医から、説明文書をいただきましたが、あまり理解できず、インターネットによって両者のメリットとデメリットを調査しました。
 手術の方が、ガンの部位を取ってしまうので、理論上、後腐れなくさっぱりしています。しかも、治療期間が入院期間を含み3週間程度と短くて、良さそうでした。一方、放射線は、何が何だかわからないけれど、ガン部位を放射線照射で、焼き殺すようなイメージとのことで、治療期間は、通院が可能ですが平日38日もかかるとのことでした。
 都内でできそうな病院を検索し、電話をかけて様子を確認しました。
 手術は、概ね、3か月後に開始できそうとのこと。しかし、手術費用以外に入院費用がかかり、結構な額になりそうなことがわかりました。しかし、生検で入院した時の印象が悪く、病棟に3週間も入院したらモチベーションが下がることが不安でした。
 そんな中、夜間に放射線治療をやってくれる民間病院を見つけました。仕事をしながらでも治療が可能とのことです。
 結局、放射線治療を選択しましたが、あまりに放射線治療についての知識が無く、病院の医者を信じて「おまかせ状態」で治療に挑みました。
  治療に通いながら、病院備え付けの書籍等で、放射線治療とは何かを勉強した次第です。
 装置は、IMRTと呼ばれる強度変調放射線療法による3D照射を行います。
 私を治療した装置は、さらに、事前に毎回CTを撮り、位置を正確に確認してから照射を行います。
 治療中は、毎日治療時刻に合わせ、蓄尿と便ガス排出を実施しました。腹囲に3か所、マジックインキで×印をマーキングして照射時のターゲット確認にしているとのことです。治療中は、消さないようにとのことでした。

津川さん記事ー絵.jpg

 手術と違い、放射線は、投薬が無く、治療自体は痛くも痒くも無い不思議な治療です。1回わずか20分ぐらいでした。照射38回の内、一度たりとも起きていた記憶が無く、治療中はほとんどの時間寝ていました。そのため、治療が終わっても、本当に治療できたかがとても不安でした。
 照射2週間目から放射線の影響で体がだるくなりました。また、尿の出も悪くなりましたが、これは、事前に説明されていた通りでした。治療が進むにつれ、だんだん尿の出が悪くなりましたが、治療終了後1ヶ月で元通りとなりました。
 放射線治療でガンがどうなったかは、よく分かりません。消えたことを祈って、3ヶ月後の初診察を待つこととなりました。  (つづく)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
 このコラムは、当社・津川典久氏が「ガン」早期発見の大切さを一人でも多くの方々に知って欲しいという想いで綴られた実体験の内容です。
 現在も治療を継続中ですが、ガン予防メディカル倶楽部の会員となり、普及活動に参加しています。

津川さん記事ー絵1.jpg
2津川さん記事ー絵.jpg
津川さん記事ー絵3.jpg
posted by たまゆら at 11:00| Comment(0) | 特集記事…P2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

認知症…治療までの闘病レポート?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
認知症…治療までの闘病レポート?
高純度プラズマローゲン(鶏ムネ肉エキス)
「老老介護に役立ってます!」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 プラズマローゲン(ゼリー)を実際に摂取していただいた方の症例を紹介致します。尚、改善の判定の目安は以下の通りです。
【MMSE】4点以上アップ……「著明改善」
      2〜3点アップ……「改善」
【プラズマローゲン血中濃度(リン脂質比】
 初期値の10%以上上昇……「著明改善」
 初期値の 5%以上上昇……「改善」
1.プラズマローゲン摂取で一歩が始まる
意味性認知症 夫と二人暮らしの80代女性の場合
●初診までの経過
 約2年前より洗顔や歯磨き、髪の手入れを嫌がるようになり、衣服の着替えができなくなる。また、トイレへ自力で行けなくなった。物忘れがひどく、失語、失行、意思表示もできない。1年前からは在宅時に身の回りの物を何でも持ち歩き、いろいろなところに放置して片づけられなくなる。また暴言を吐くようになる。
●初診時
本人 (ゼリーの味見をしてもらおうとするが「イヤ!」と言われる)
夫 「私と離れると不安になり、自分の思い通りにならないときに暴言や手が出ます。着替えや入浴をしたがりません。東京にいる娘と毎晩電話をさせています」
担当医「本人が嫌であれば無理強いしないでください。ゼリーはヨーグルトなどに混ぜて試してみてください。娘さんとの電話はぜひ続けてください」
MMSE 1点
プラズマローゲン血中濃度7・3(リン脂質比)
●1ヵ月後
本人 「変わりないです。(先生のことは)覚えています。(ゼリーの味は)覚えていません」
夫 「特に変わりはありませんが、ゼリーはスムーズに食べています。食事は毎日私が作っています」
担当医「MMSE検査の結果がとても良くなっていますよ。春になるので外に出て少し歩くようにしましょう。お風呂も毎日入りましょうね」
MMSE 5点(即時記憶1→3点、
     文の復唱0→1点、口頭指示0→1点)
●2ヵ月後
夫 「特別変わったことはありません。聞く言葉の意味はよく分かるようです。挨拶はするけど、その後の会話が続きません。暴言や感情の高ぶり(興奮)は減りましたが、相変わらずトイレまではなんとか行っても便座に座ることにひどく抵抗します。それから、唱歌を歌うようになりました」
担当医「暴言が減ったことはゼリーの効果かもしれません。お風呂は自律神経の状態を良くするのに役立ちます。唱歌を一緒に歌ったり、柑橘系のアロマを試されるのも良いでしょう」
MMSE 2点(即時記憶3→2点、
     文の復唱1→0点、口頭指示1→0点)
posted by たまゆら at 10:00| Comment(0) | 認知症予防・新書bQ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする