2017年06月01日

〜認知症疑い 嗅覚検査〜

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
認知症予防・新書 bS2
特定非営利活動法人 認知症介入指導協会
  代表理事 清輔喜美男
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


〜認知症疑い 嗅覚検査〜 
−エーザイ・米ペンシルベニア大学−
 エーザイは人の嗅覚を利用して認知症の兆候をつかむ簡易検査キットの販売を始めた。
 認知症は一部で、初期段階に嗅覚異常を起こすと分かっている。正確に臭いを把握できない人を発症の疑いがあるとして注意を促す。高齢化によって認知症患者が増えるなか、迅速な検査法の導入によって、早い段階で医師の診察を受けてもらうことにつなげる。エーザイは米ペンシルベニア大学が開発した手法「アップシット」に基づいた嗅覚異常の検査キットを発売した。シートを嗅いでもらい、どんな臭いだったか4種類から選んでもらう。正確に回答できなかった場合、認知症をはじめ体の異常を疑ってもらう。
 シート10枚入りで約1万円。一般販売はせず主に自治体への販売を見込んでおり、健康相談といった高齢者ケアなどに役立ててもらう。こうした簡易検査キットは珍しいという。最近の研究で、認知障害が発症する20年ほど前から脳細胞の衰えが始まり、嗅覚障害や不眠、うつ症状がでることが分かっている。国内の65歳以上のうち認知症患者は2012年に約462万人で、25年には700万人を超すとされる。
(日本経済新聞5月14日朝刊要約)
〜認知症兆候を簡易判定 血液検査データで〜
      −日本大学工学部ー 
 日本大学工学部(福島県郡山市)は、認知症に移行する前段階の「軽度認知障害(MCI)」を簡易に高精度で判定する手法を開発した。
 これまでは専門的な問診や画像診断などが必要だったが、健康診断で実施する血液検査データのみを使って9割を越す高い確率で推定できる。高齢社会の課題である認知症のリスクを早期に発見し、症状悪化の予防につなげる。
 MCIは健康な状態と認知症の中間にあり、日常生活に支障はないが、年齢などでは説明できない記憶障害がみられる段階。早期に把握すれば、予防に向けた生活習慣の見直しなどに早く取り込めるメリットがある。新手法は人口知能(A I)の深層学習(ディープラーニング)によって、たんぱく質など血液の成分と、認知症の進み具合の関連を分析。その結果を新たな受診者の血液のデータと突き合わせて判定する。通常の健康診断を利用できるので、時間や経費の負担軽減につながる。
(日本経済新聞5月17日朝刊より)



NPO法人 認知症介入指導協会  http://www.ninchisho-yobo.jp


○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
posted by たまゆら at 10:00| Comment(0) | 認知症予防・新書bQ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

看取り士日記より…bR9〜愛のよろこび〜

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
看取り士日記より…bR9
〜愛のよろこび〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

柴田さん写真-顔写真-4.jpg

日本看取り士会  会長
柴田久美子さん



 ツツジの花があちこちの花壇に咲き踊る。ツツジの花言葉は“愛の喜び”。
「病院から父を連れて帰りたいので、看取り士さんをお願いします」と電話が入る。
 病院の相談室でケアカンファレンスが行われる。担当ケアマネージャーさんから 「看取り士は何をしてくれるの?」との質問に、即座にかかりつけ医の先生が「患者本人とご家族の不安な心に寄り添ってくれる人だよ」と。
 病院からご自宅に帰られた翌朝だった。ご連絡を頂き、直ぐに駆けつける。
 お父様が寝ておられるお部屋からは庭がよく見え、ツツジの香りも漂っている。
「ありがとうございました」「おつかれさまでした」とお伝えする。かかりつけ医から「私は在宅医療を長くやっていますが、やはり病院から戻られてすぐに逝かれる方は多いです。きっと安心されるのでしょうね」との優しいお言葉に、ご家族様はホッと安心なさる。
 お父様のお身体を楽な姿勢にする。お母様にも温かさを感じていただく。ご家族と一緒におむつを交換、衣類を整える。お父様の背中は汗をかいているぐらいポカポカとしている。
「昨日は同じ部屋で一緒に寝ました。いつもなら寝付くことができないのに、熟睡してしまって。3時に確認したときはゴロゴロしておらず、吸引も必要なく安心して寝ていました。ハッとして確認すると呼吸が止まっておりびっくりして。でも、その時はまだポッカポカでした」
 美子さんは、なんで寝てしまったんだろうと、自分を責めていた。「よかったですね。お父様は美子さんがゆっくり眠れたことで安心されたんですね」とお伝えする。

 そして弟さんが到着。「間に合いましたね、お父さん、待っておられましたよ。まだ温かいですよ」と、弟さんに抱きしめていただく。「本当だ、あったかいね」。仕事柄、海外が多い弟さんなのに、ちゃんと帰ってこられる日をお父様は選ばれた。「最期はご本人がプロデュースするんですね」と答える。

 ご家族お一人お一人に触れて抱いて命をバトンして頂き、看取り士の役割は終わる。そしてグリーフケアも完了する。
 死ぬ力は今を生きる私達一人一人が持つものと教えてくださった幸齢者様に感謝  合掌

(担当看取り士 青柳利佳)



【お問い合わせ先】
一般社団法人日本看取り士会
一般社団法人 在宅ホスピス なごみの里
〒701-1145 岡山市北区横井上1609-2-107
TEL 086-728-5772 FAX 086-239-3992
Twitter: @ShibataKumiko

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
posted by たまゆら at 09:00| Comment(0) | 介護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

おもしろ税ミナール 5月30日

第8回ホロニックス資産形成塾

おもしろミナール

元・国税庁 特別国税調査官が見た!
あなたは体験しましたか?マイナンバーのリスク!
相続税の失敗事例と成功事例

ホロニックス資産形成塾!2017.05.30.jpg

講師に国税庁職員として40年以上勤務し、直近6年間は、特別国税調査官として現場で辣腕を振るわれていた富永徹也氏をお迎えいたします。

講演後に無料相談会も開催いたしますので、これからの相続対策にお役立ていただければ幸いです。

詳細は下記にてご確認ください。

           下記


◆講 師:一般社団法人相続アドバンスト倶楽部 主宰
     JICA一般社団法人相続診断協会パートナー
     富永 徹也 氏

◆日 時:平成29年5月30日(火)
     14:00〜16:30
     (休憩15:00〜15:10)
         
◆会 場:文京区民センター 3階 3ーC会議室
     (文京区本郷4−15−14)

◆参加費:無料
     ※個別相談会は事前にお申込みください。

▼詳細・FAX用紙はこちらから
http://www.holonics.gr.jp/seminer/shisankeiseijuku/pdf/290530.pdf

▼たまゆらホームページからのご予約はこちらから

▼フェイスブックからのご予約はこちらから


▼お申込みは電話、FAX、メールにてお願いいたします
 電 話:03-5804-4882
 FAX:03-5804-4880
 メール:info@holonics.gr.jp

主催:潟zロニックス総研
協力:積水ハウス 東京南シャーメゾン支店
   鰍りがとう・不動産
   NPO法人えこお
   巨V榮企画
   (合)三浦企画
   鰍ネつコーポレーション


○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
posted by たまゆら at 14:00| Comment(0) | おもしろ税ミナールのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

守って下さった多くの人々に感謝&神様のお陰様

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
55年振りの入院には予兆があった!
=守って下さった多くの人々に感謝&神様のお陰様=
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 18歳の時に盲腸で7日間の入院を体験して以来、病気らしい病気もないまま今まで大過なく過ごしてこられたことにこの身体を産んでくれた親に感謝していた。
 とは言うものの60歳を過ぎたころから母親の持病でもあった糖尿病予備軍と診断されたことを機に、言い訳がましく『一病息災』を自慢げに50日ごとの定期検診だけは欠かさず続けていた。もう一つの自慢は、仕事をしない日は365日のうち年末年始の5日間だけであることを、誇らしげに語っていた自分の愚かさに、いまは恥ずかしくさえ感じるようになってます。
 4月3日に午前2時過ぎから頭痛と息苦しさと全身が痛むほどの強ばりに、どうにも我慢ができなくて119。
後でわかったことですが救急車は僅か10分で到着。
 自宅近くの総合病院の循環器科のICUに4日間。何本もの点滴と本格的な酸素吸入。身体からはいくつもの管が…。自分では身動きが取れない。一般病棟に移ってから1週間は同じ状態がつづき、自由に動き回れることのありがたさをしみじみと感じる。
 振り返ると昨年の秋のこと、岩槻市に向かっているとき、ふと「自動車の運転を止めようかな…?」なんて、自分では意外なことを考えていた。疲労感があった。
 2月初め、区内で昼食をしていたとき身体中の筋肉が一気に弛緩状態になり地面に伏せてしまい、それに気づいた道行く人のお陰で119番通報。近くの大学病院に搬送され症状が快復。
 3月12日。八王子市南大沢の会社に訪問した際にも弛緩状態になり倒れ119番。日野市の総合病院に搬送され、検査の結果インフルエンザと判明。予防接種の効果なく人生初めてのインフルエンザに感染した。風邪を引いても少々の熱では休まず仕事をしていたものの、体温計の39℃を超える熱にさすがに観念していました。 そして4月3日救急搬送。昨年11月からのいくつもの分かりやすい兆しを見逃して居たわけではないのですが、仕事のスケジュールで休みを取れない事情があったのも事実で、幸いにも入院の期間は時間を空けておいたから何とかなった。
 退院したからといって本調子ではないのと、合間には検査入院の予定があり、大切なお客様にお伺いするにも中途半端。5月末の入院検査よ無事に終わってほしい!
 多くの人々に守られて、生還できたことに深く深く感謝。そして見えない神様のお陰だと信じています。




【PDF】でご覧になる方はココをクリックしてください。

※バックナンバーはこちらからご覧いただけます。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
posted by たまゆら at 13:00| Comment(0) | 一面記事…P1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■ たまゆら資産形成塾

たまゆら資産形成塾 
◆講師 富永てつ也氏 (富永てつ也税理士事務所 税理士)

◆4月25日(火)/第7回・資産形成塾 in 文京区民センター3階
元・国税庁特別調査官が見た!
超高齢化社会時代のマイナンバー無策の失敗事例
−−−−どうやら…マイナンバー制は税務署のステルス戦闘機?−−−−


 確定申告の最終日から40日、マイナンバーの混乱に触れながらホッと一息、来年こそはスムーズに申告を済ませられると納得の顔。
 預貯金も、証券も、不動産も、みんなマイナンバーで管理されていることが分かった今年の確定申告を踏まえ、生命保険の有効的な活用法を力説する富永先生の提案は今後しばらくの間は、目を離せにいテーマと云えるのではないだろうか。
 相続における遺言書に必須としい『付言』の作成については今までに三浦企画より提案され何度も語られてきましたが、今回は、子供が中心になって作ろうという発想の『親の本』づくりの提案がありました。
 学参出版物の学研の関連会社として実績のある学研ココファンの吉田弥生編集長より、開発意図など丁寧にお話しいただきました。

042-表紙写真.jpg


042-表紙吉田編集長.jpg
世界にひとつだけの「親の本」
学研ココファン・吉田弥生編集長から説明していただいた。


 さぁ〜、貴方ならどちらを選びたいですか?



042-表紙旗印.jpg
富永てつ也税理士の旗印
税務のことならなんでも聴いてと微笑んでいるようです。


042-表紙セミナー風景.jpg




039-p1イラスト.jpg



○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
posted by たまゆら at 12:00| Comment(0) | ホロニックス資産形成塾活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする