2018年05月01日

■ たまゆら資産形成塾 4月20日(金)

■ たまゆら資産形成塾
◆講師 富永てつ也氏 (富永てつ也税理士事務所 税理士)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
4月20日(金)/第18回・資産形成塾 in 文京区民センター
元・国税庁特別調査官が見た!
  必殺! あなたの悩み晴らします?
親が貸したお金と借りたお金の 相続トラブル解決術
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 054富永1.jpg


054富永3.jpg


親が亡くなって相続財産を分け合って、その後8年が経った頃、裁判所から支払命令書が送達されてきた。
 突然のことで驚愕した二女からの相談でした。父が、生前親しくしていた同業者の会社の連帯保証人となっていた時の保証債務で、金額は何と1200万円だった。
 父が亡くなったときは、法定相続割合で遺産を受け取っていたが、まさか、保証債務があるとはつゆ知らず、相続で受け取った現金は700万円で、自宅を購入するときの頭金の一部として繰り入れ、その相続財産は1円も残ってはいない。
 相続が発生したとき、遺産の棚卸しをしているときに負の相続財産があったことに、母も税理士も気づいていなかったのだ。
 経営者は、親しい経営者仲間との間で融通し合った手形の貸し借りや、連帯保証人欄への署名は、税理士や妻には必ず話しておき、自分に相続が発生したときは、それを計上漏れがないように、書面にして書き残しておくべきなのです。
 青天の霹靂で動転した二女を弁護士に紹介し、債権者との和解により、減額と分割弁済という和解案に従って現在に至っています。
 家族全員で気をつけよう。見えない負の相続債務は辛い終活を迎えることになりますよ。

054富永2.jpg








039-p1イラスト.jpg



○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

posted by たまゆら at 12:00| Comment(0) | ホロニックス資産形成塾活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月01日

■ たまゆら資産形成塾 3月16日(金)

■ たまゆら資産形成塾
◆講師 富永てつ也氏 (富永てつ也税理士事務所 税理士)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
3月16日(金)/第17回・資産形成塾 in 文京区民センター
元・国税庁特別調査官が見た!
  必殺! あなたの悩み晴らします?
子が 妻が 相続人が 知っておきたい税の話
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

053-富永1.jpg

053-富永2.jpg

 民法改正案が国会に提出されることや、40年ぶりに相続税の見直しがあるのではないかという話題は、これから相続税を考えようとする方にとっては、他人ごとではない。ゼロ金利政策によって金融機関への預金よりもいつでも自由に出来るタンス預金が増えている実情。
 国が狙っているのが、10年間出し入れのない1300万口座あるという休眠口座の活用だ。大手銀行だけでも50億円もあるという休眠預金は全国107行の合計で951億円にも上る。
●死蔵されゆく巨額資産とは、70歳以上の人が持つ有価証券は2015年に106兆円なのが2035年には468兆円にも増える見込みだという。
 大きなポイントは認知症問題だ。2035年になると認知症の人が所有する有価証券だけでも105兆円になるというから、塩漬けになる預貯金だから取り扱いが難しい。
 現金急増は世界的な傾向で、日米欧で440兆円もあるという。家庭内にある現金を如何に吐き出させるかを国が考えるとき、1地万円札に変わる新紙幣を発行することで、旧来の1万円紙幣と交換することで、タンスの中の現金がたぐり出せると考えているようだ。
 そんな時…、いま話題の『仮想通貨』が、その一翼を担うことになるのだろうか。今後の展開が興味深い。

053-富永3.jpg






039-p1イラスト.jpg




○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
posted by たまゆら at 12:00| Comment(0) | ホロニックス資産形成塾活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月01日

■ たまゆら資産形成塾 2月23日(金)

■ たまゆら資産形成塾
◆講師 富永てつ也氏 (富永てつ也税理士事務所 税理士)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
2月23日(金)/第16回・資産形成塾 in 文京区民センター
元・国税庁特別調査官が見た!
 必殺! あなたの悩み晴らします?
予想が的中した・・・マイナンバーの実態と今後の成り行き?
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

052-富永1.jpg

052-富永2.jpg

052-富永3.jpg
posted by たまゆら at 12:00| Comment(0) | ホロニックス資産形成塾活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月01日

■ たまゆら資産形成塾 1月20日(土)

■ たまゆら資産形成塾
◆講師 富永てつ也氏 (富永てつ也税理士事務所 税理士)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
1月20日(土)/第15回・資産形成塾 in 積水ハウス・展示場
        元・国税庁特別調査官が見た!
 大変ですよ〜! マイナンバーが? そして金融機関が?
 予想が的中した・・・マイナンバーの実態と今後の成り行き?
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

051−富永先生写真3.jpg

 今回の会場、青山の積水ハウス・展示場内の会議室は満員御礼。

051−富永先生写真2.jpg

 銀行の預貯金や信託の取り扱いについての窓口担当者の変化などについての近況報告。
 また、一人暮らしの高齢者の遺産が、数十億円も塩漬けになっているそれらの「遺留金」の現実と、自治体の関係など、知らなかった現実が話題に・・・・。約600万人の65歳以上の単身世帯がいる現状で、数百万円の現預金を残して死亡した高齢の市民の遺留金は、相続人の手に渡るまでには戸籍を辿って相続人捜しをするのだが、調査だけでも数ヶ月かかり、相続人不存在や相続人が放棄したりした場合は、行政が相続財産管理人の選任を家庭裁判所に申し立て、管理人となった弁護士が国庫に納める。
 皮肉なことに、生活保護受給者が残したお金も、相当額あると云うのだ。親族間のコミュニケーションが取れていない相続問題は、複雑に絡んだ毛糸玉のようです。
 資産形成塾で相続のトラブル回避策の奥義を見つけていただければ幸いです。

051−富永先生写真1.jpg
マイナンバーを語る富永税理士

051−富永先生写真4.jpg
posted by たまゆら at 12:00| Comment(0) | ホロニックス資産形成塾活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月01日

■ たまゆら資産形成塾 12月12日(金)

■ たまゆら資産形成塾
◆講師 富永てつ也氏 (富永てつ也税理士事務所 税理士)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 12月12日(金)/第14回・資産形成塾 in 文京区民センター
       相続・遺言 具体的事例を判断!
     そのお尋ねいいですね そのお尋ね残念です…が
夫婦の親から生前贈与 1億円(5,000万円×2)でも無税になる?
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 80歳の祖父が25歳の孫に土地を贈与した場合の暦年贈与の申告など、さまざまな相続・遺言の具体的事例から検証していく当シリーズ。
 講演後半には遺言書の事例も紹介し、参加者のみなさまにも実際に簡単な遺言書を書いていただきました。

050-資産塾2.jpg

050-資産塾1.jpg
           富永徹也先生






039-p1イラスト.jpg






○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

posted by たまゆら at 13:00| Comment(0) | ホロニックス資産形成塾活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月01日

■ たまゆら資産形成塾 11月17日(金)

■ たまゆら資産形成塾
◆講師 富永てつ也氏 (富永てつ也税理士事務所 税理士)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
11月17日(金)/第14回・資産形成塾 
in カウンセリングサロン「たまゆら」
元・国税庁特別調査官が見た!
 相続税の申告は必要? 相続財産は減らした方がいい??
みなさまの・・・・ハテナ? 〜をモニタリング
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

049-富永先生1.jpg

 今回の会場は、新事務所のカウンセリングサロン「たまゆら」でした。
 茶話会のような雰囲気でのセミナーでしたが、話題が深刻な内容なだけにみなさんからの質問も熱心で、熱気に満ちた2時間でした。

049-富永先生2.jpg


049-富永先生3.jpg

 マイナンバー制度については金融機関や証券会社の窓口で繰り広げられてきた顧客の立場から観た税金を徴収する国側の思惑は、富永氏が予言していたように運ばれていることが、細かく解説されました。
 マイナンバーに対する税務署の取り組は緻密だ。マイナンバーはコンピューター管理による親子兄弟の関係で移動する預貯金の流れのすべてを結びつけるもので、隠し通すことなんて考えるだけ無駄なこと。
 相続財産を隠そうとすること自体が間違っている。
 相続が発生してからツベコベと争い合うことにならないようにするためには、被相続人の意識がはっきりしている内に、きちんと贈与しておくことの方が相続人に喜ばれるのです。
 増加している認知症は更に大きな波紋を残す。
 認知症になってからでは自分の思いを相続人に届けることは出来ません。元気なときに何をしておくへきかは《認知症介入指導士》に相談してください。





039-p1イラスト.jpg



○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●


posted by たまゆら at 12:00| Comment(0) | ホロニックス資産形成塾活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月01日

■ たまゆら資産形成塾 10月20日(金)

■ たまゆら資産形成塾
◆講師⇒ 資産形成塾・専任講師 税理士 富永徹也氏

 10月20日(金) in 文京区民センター3階
いいですね? 残念ですが? シリーズ ❷

 《住宅を取得しました。名義は夫と私それぞれ2分の1です。私の資金はへそくり預金を私の持ち分に入れました。預金は私の名義なので問題ないと思いますが。私は専業主婦です。》
 これはセミナーにおけるレジメの《相談事例ー3》の設問です。預金名義や保険金にかかわる事例問題の5事例を臨場感をもって熱く語る富永徹也氏の想いは、視点の切り口を変えることによって、今まで漠然と分かっていたことが生々しい現実の事例として開設していただいたことで、誰もが納得できる世界が生まれました。
 ひたひたと迫っているマイナンバー制度は、国によって課税徴収の意図とされている背景が鮮明に知ることによって、今までの資産の管理の是非が見つかったように思います。
 《長女は、自分が保険契約者及び保険金受取人になっている保険契約の満期一時金500万円を受け取った。この保険契約の保険料は父親が負担していたが契約者が自分になっていたので一時所得として申告した。
資産形成セミナーでは、毎回5〜6の設問を挙げ、参加者と一緒に考える時間にしています。

048-資産塾1.jpg

048-資産塾2.jpg
想いよ届けとばかりに、熱く語る
講師の富永先生。受講生に念力を
掛けているわけではありませ〜ん。






039-p1イラスト.jpg


○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
posted by たまゆら at 12:00| Comment(0) | ホロニックス資産形成塾活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

■ たまゆら資産形成塾 9月22日(金)

■ たまゆら資産形成塾
◆講師 富永てつ也氏 (富永てつ也税理士事務所 税理士)


 ◆9月22日(金) in 文京区民センター3階
いいですね? 残念ですが? シリーズ ➊


047-資産形成塾1.jpg


 いま、静かに話題になっている子供向けの書籍『ざんねんな・いきもの事典』をかざしながら講演が始まる。

047-資産形成塾2.jpg

 大人なんだから当然知っているだろうと思うようなことが…「実は、そうではなかった!」というような表現を引用するための書籍なのですが、税金や金融のこと、そしてマイナンバーのことなどについて、知っていると思っていたことが『ざんねんな〜』の言葉でどんでん返しに。
 ワニの話、ゾウの話、など知っていることだと思っていた動物のことが、この書籍を読んでいた子供たちからその間違いを指摘される!
 事例では、何とも微笑ましいことばかりです。現代の税制や国の新しい制度について「実は知らなかった」ことが余りにも多すぎます。
 セミナーの中では恒例の展開なのですが、新聞や雑誌の記事を税務の専門家としての切り口で分析してそのことを解説して下さる富永先生の講話が話題になるのは、その当たりにツボがあるのでしょう。次回のセミナーもぜひお楽しみに。

047-資産形成塾4.jpg

047-資産形成塾3.jpg
想いよ届けとばかりに、熱く語る講師の富永先生。
受講生に念力を掛けているわけではありませ〜ん。





039-p1イラスト.jpg


○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
posted by たまゆら at 12:00| Comment(0) | ホロニックス資産形成塾活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

■ たまゆら資産形成塾 7月14日(金)

■ たまゆら資産形成塾
◆講師 富永てつ也氏 (富永てつ也税理士事務所 税理士)

7月14日(金)/第10回・資産形成塾 in 文京区民センター3階
元・国税庁特別調査官が見た!  相続の失敗事例と成功事例
本当にあったまさかのお話…しくじり相続事例集
へ そ く り も 相 続 財 産 で す よ!


 相続が発生した時の相続人によるドラマがある。お父さんが亡くなった一次相続の時には、不動産(自宅)と預貯金など殆どの財産をお母さんが相続すると宣言したが、子供たちから異論もなく相続が済んだ。ところがお母さんが亡くなり二次相続の話し合いとなった時、預貯金の残高が少ないことを指摘した独身の三女は、お母さんが生前6人の孫たちの名義で預金していたことや、押し入れの奥に現金を仕舞い込んでいたことを知っていた。通帳の名前が孫たちの名前になっていてもそれは名義預金といって相続財産として扱われることになります。
 社会環境や家庭環境によって経済背景が違う相続人はそれぞれの立場が主張することが異なってくるのは当然のことです。
 一次相続が発生したら必ず二次相続が発生するのですから、できるだけ早い時期から資産税に強い税理士に相談し、その家族の歴史とそれまでの財産の流れを説明した上で、税制上有利な施策を用いて混乱がなく相続ができるようにしておかなければ、被相続人として失格です。
二次相続が起きた後に相続人たちが納得できる相続にしたいもの。


045−富永先生-2.jpg

045−富永先生-1.jpg
二次相続の時は、母のへそくり問題などの
遺産分割の赤裸々なドラマがあるという。
posted by たまゆら at 12:00| Comment(0) | ホロニックス資産形成塾活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

■ たまゆら資産形成塾 6月22日㈫

たまゆら資産形成塾
◆講師 富永てつ也氏 (富永てつ也税理士事務所 税理士)

6月22日(火)/第9回・資産形成塾 in 文京区民センター3階
元・国税庁特別調査官が見た!  相続の失敗事例と成功事例
本当にあったまさかのお話…事実は小説より奇なり
ーーー欲を出し過ぎた相続の失敗ーーー

 6月11日付け日本経済新聞の記事に『預金ついに1,000兆円』の驚くべき真相についての解説は今回の大きなポイントでした。
 個人の金融資産が1,800兆円ある中の約半分の預金の大半が高齢者のもので、老後の不安から退職金や年金を預金として貯めて温存しているというのです。しかも、金利がほぼ0%に近い状況なのに!
 しかし、金融機関にとっては日銀のゼロ金利政策により増えた預金を管理するにもコストがかかる。コストが大きく増加してくくると経費削減策か、管理手数料を預金者に負担してもらう…などのことも、考えられるかも知れないとのこと。現実に眠っているお金は相続財産として増えていくのだ。言い換えれば相続税の原資が、マイナンバー制度によってあぶり出されつつあるのが現状です。
 富永氏がアイスブレイクの話題提供としてお話しされた愛読書『強運を味方につける49の言葉』の書籍紹介で会場は大笑い。
044-表紙写真3.jpg
 強運を味方にしてお金の流れを引き寄せる人…は、お金を貯めずに使う人…だそうです。

044-表紙写真1.jpg

044-表紙写真2.jpg
だんだんと明るみに出てきたマイナンバー制導入の実態について熱く語る。

039-p1イラスト.jpg

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

posted by たまゆら at 11:00| Comment(0) | ホロニックス資産形成塾活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする