2016年01月05日

漢方薬と薬膳

漢方薬と薬膳

026-薬膳茶.jpg

 漢方とは日本独自の呼称で,東洋伝統医学の一つです。中国 何千年の歴史の中に人々が生活の知恵や実体験、また、研究により系統的に形成された 自然医療の伝統医学です
 漢方の概念は大変広いものです。さまざまな生薬を組み合わせて調合する 「漢方薬」以外にも、灸、マッサージ、 また、太極拳や日常的な養生も含まれます。

【漢方における基本概念】
気: 体の全体に流れているエネルギー(☆?)
血: 体の全体に流れている血液。(栄養)
水: 体の全体に流れている体液。(潤い)

血液以外の液体、リンパ液や尿など
五臓: 肝、心、肺、腎、脾
六腑: 胆、胃、小腸、大腸、膀胱、三焦
陰:  体温が低く寒がり体質
陽:  体温が高くほてる体質

【漢方の養生について】
「養生」とは、自己体調管理法の一種で、大自然のリズムと調和した生活で、病気にならないように日々努力し、自然治癒力・免疫力・生命力を高めて、体自身の力で治せるようにする方法のこと。また、健康でベストな状態を自分でキープできるようになることを第一に考えるライフスタイルとも言えるでしょう。

(中医薬膳指導士・増田華与)


○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
posted by たまゆら at 14:00| Comment(0) | 薬膳の効能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月01日

薬膳の効能-08 ショウガ

薬膳の効能-08 ショウガ

025-しょうが.jpg

 冬にたっぷりお体のために取込みたい食材です。生姜の主成分ジンゲロールが免疫力を高め、殺菌効果、吐き気や鎮痛効果、ショウガオール成分は体を温め、血行促進、ジンゲロ成分は代謝促進、脂肪分解作用があります。
(中医薬膳指導士・増田華与)


○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
posted by たまゆら at 15:00| Comment(0) | 薬膳の効能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月01日

薬膳の効能-07 ハトムギ

薬膳の効能-07 ハトムギ
024-ハトムギ.jpg

 古くから滋養強壮・保湿・美肌美白・血流促進・ムクミとり・抗炎症など効果があるとされて、高タンパク質で脂質、カルシウム、鉄分、ビタミンB1、B2食物繊維などを豊富に含む。新陳代謝を促進、必須アミノ酸以外にアミノ酸やセラミドも豊富、抗酸化作用あり、体の内から老化を予防する。 
(中医薬膳指導士・増田華与)


○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
posted by たまゆら at 14:00| Comment(0) | 薬膳の効能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月01日

薬膳の効能-06 赤ピーマン

薬膳の効能-06 赤ピーマン

023-p2赤ピーマン.jpg
 夏の終わり頃から秋までしっかり熟したものが大変濃厚な甘みあり、緑ピーマンに比べ、ビタミンC約1.8倍、ビタミンE約5.6倍、カロテノイド約15倍と栄養素が凝縮されている。赤い色のポリフェノールは抗酸化作用が強く、細胞を若く保つに効果的。辛い成分「グルコシノレート」は肝臓の解毒作用を促進、お酒を飲む方にもオススメ。  
(中医薬膳指導士・増田華与)

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
posted by たまゆら at 14:00| Comment(0) | 薬膳の効能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月01日

薬膳の効能-05 ハイビスカス

薬膳の効能-05 ハイビスカス

022-p2ハイビスカス.jpg

 すっかり夏の代表的な南国の花です。
ビタミンCが豊富で、肌の調子を整え疲労回復に効果的、
リンゴ酸・クエン酸・カリウムの効果で新陳代謝が促進され、
二日酔いや目の疲れ、便秘解消にも効果を発揮する「健康美容のエキスパート」である。 
(中医薬膳指導士・増田華与)

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○


続きを読む
posted by たまゆら at 15:00| Comment(0) | 薬膳の効能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月01日

薬膳の効能-04  モロヘイヤ

薬膳の効能-04  モロヘイヤ

021-p2モロヘイヤ.jpg

 夏は大変よ〜く成長する野菜です。 
「王様の野菜」と言われ、ホウレンソウやコマツナと比べ多くのβ-カロテンやカルシウムが含れてる。ネバネバ成分「ムチン」は便秘改善、コレステロールや血糖値の上昇を抑える働きある。 (中医薬膳指導士・増田華与)

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
posted by たまゆら at 15:00| Comment(0) | 薬膳の効能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月01日

薬膳の効能-03 コリアンダー

薬膳の効能-03 コリアンダー

020-p2薬膳コリアンダー.jpg

 原産地は地中海沿岸で、古くから薬草や料理用として利用されており、その歴史は古い。
栄養成分は、ビタミンA・B2・C・E、カルシウム、鉄など多く含まれている。英語で「コリアンダー」、タイではパクチーと呼ばれ、トムヤムクンをはじめとしたさまざまな料理に使われています。・ベトナムではザウムイと呼ばれ、生春巻きやフォーに使われています。・中南米ではシラントロと呼ばれ、スープやサルサなどに使われています。・中国では「香菜」と呼ばれ、ています。好き嫌いが2分化するが効果と取り入れ方について、葉や茎の部分は独特の強い香りで、アジア料理の他、中近東や南米などでも、料理のトッピングや炒め物、ソースなどに、好んで使われます。一方、種子の部分は、甘くさわやかでほのかにスパイシーな香りを持ち、たんぱく質とよく調和する性質をもつことから、肉類、卵、豆類などの料理によく使われます。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
posted by たまゆら at 13:00| Comment(0) | 薬膳の効能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月01日

薬膳の効能-02 冬瓜

薬膳の効能-02 冬瓜

019-p2冬瓜.jpg
 6月頃から9月頃までは、薬膳にさっぱりした冬瓜は、夏に味わいたい食材ですね。
 冬瓜は95%が水分です、カリウムを多く含み、これにはナトリウム(塩分)を排泄する役割があるので、利尿利水に、高血圧に効果と言われ、また肌の健康維持や風邪などに対する抵抗力を高めるビタミンCを含んでいると言われています。冬瓜の調理方法は、軽くだし味で煮込んたり、スープやみそ汁に入れたり、またお漬物にするなど、和・洋・中など工夫して楽しんで頂きたい夏の食材ですね。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
posted by たまゆら at 14:00| Comment(0) | 薬膳の効能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月01日

薬膳の効能-01 生姜

薬膳の効能-01 生姜

018-生姜.jpg
 生姜は、辛味成分であるショウガオールとジンゲロールにより、鎮痛、解熱、咳止め、吐き気止めなどの作用があるといわれています。そして、胃腸を健やかに保つとされ、身体を温め、血流を良くしてくれるので、肩こりに対しても効果的です。
 服用することにより、発汗・利尿作用が活発になり、身体の中の余分な水分を体外へ排出しますので、ムクミの防止にもなります。
 生姜は、肺、脾にも作用しやすいので、身体を丈夫にする漢方薬には多く配合されています。 
(中医薬膳指導士・増田華与)

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
posted by たまゆら at 12:00| Comment(0) | 薬膳の効能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする