2018年05月01日

えっ?!? わたしが「ガン」に?E

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
えっ?!? わたしが「ガン」に?E
株式会社ホロニックス総研 津川典久
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

運動不足?生活習慣病など考えてみました。

 ガンの発生原因はよくわからないようです。
 普通の人でも1日に5000個のガン細胞が発生するそうです。それをナチュラルキラー細胞という免疫細胞が100%殺していることで、ガンの発生を阻止しているとのことです。
 免疫力が低下すると、ナチュラルキラー細胞の活動が低下し、ガン細胞を殺し切れなくなり、その一部が体内のある部位に定着し少しずつ成長してガン化するようです。
 今後、ガンの再発や別部位で発生しないようにするためには、免疫力を強化しなくてはと思います。その手段として、ストレスの排除とテンションの高揚があげられます。
 また、適度な運動は大切だと言われています。よく健康診断などで、「定期的に運動してくださいね」といわれ、思わず「はい」と返事をしたとしても、はて、何をしたら運動をしたことになるのかわからず、結局何もしないということになってしまいます。
 最近フレイル予防で知ったポール・ウオーキングは、指導された通り実施すると大汗をかきます。これは良いものを見つけたと思ってこれから続けて行きたいと思います。
 しかし、街中でポールを持って歩くと危険なので、エアー・ポール・ウオーキングをしています。
 さて、私のガン対策について、定期検査は部位の検査なので、前立腺部分は検査で一生調べていただくとして、その他部位に新たなガンが発生している可能性が無いとは言えません。
 それこそ、年に1回は「まも〜る」を受診し、全身のどこかでガンが発生していないかを確認したいと思います。
 世の中には、様々な情報が氾濫しています。ガン予防や治療もどんどん新しいものが発表されています。その中から、自己判断で自分に適したものを選んで進むことになります。
 私は、キャンサー・サバイバーとして、生きていることを大切にしたいと思います。
 大きく寄り道する時間は無いですが、かといって「白鳥の歌」を耳をそばだてながら待つこともできません。それこそ時間の無駄です。
 私は今回の体験を境に、今まで漠然と生きてきたことを反省し、生まれ変わった気分で、残り人生を「ピンピンコロリ」と全うしたいと思います。
 半年にわたり、拙い私の体験記録をお読みいただきありがとうございました。
(最終回)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
 このコラムは、当社・津川典久氏が「ガン」早期発見の大切さを一人でも多くの方々に知って欲しいという想いで綴られた実体験の内容です。現在も治療を継続中ですが、ガン予防メディカル倶楽部の会員となり、普及活動に参加しています。

054津川1.jpg

054津川2.jpg

054津川3.jpg

posted by たまゆら at 11:00| Comment(0) | 特集記事…P2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月01日

えっ?!? わたしが「ガン」に?D

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
えっ?!? わたしが「ガン」に?D
株式会社ホロニックス総研 津川典久
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ガンの原因と言われている生活習慣について考えてみた

 治療終了後3ヶ月目に行った診察で、前立腺腫瘍マーカーであるPSA数値が劇的に下がっていて、まだ人生を続けて行けそうな気がしました。次の目標は、5年後の生存です。さらに、3ヶ月後にMRIによりガンの再発の有無を確認するそうです。当面3ヶ月に1度、病院で検診を受け、しばらくしたら半年に1度になりこれを一生続けると聞きました。
MRIは、健康保険の3割負担でも1万円を越え、生き続けるためとは言え、医療費は大変です。
 今回、想定外のガン罹患を経験して、これは、私の経験を伝えていくべきではないかという使命感を感じています。
 私の経験を事あるごとに多くの方に、ガンを早期発見し、早期治療することが大切だということをお伝えしたいと思います。
 また、治療方法として手術か放射線かの選択を何の知識も無い患者側にさせるという怖い現状を経験し、患者側はガンとその治療方法について、もっと知識を得ておかなければならないことを痛感しました。
 日本人のガンに罹患する確率は、1/2。つまり、現実に2人に1人は間違いなくガンになっています。男性では、3人に2人はガンになっているのです。医師によれば、くじに当たったようなものだよとの表現をされています。
 そのような確率でガンに罹患するのならば、ガン保険は入っておいた方が良いと思いました。私は共済保険だったので、結果的に13万円程度しか支払いがありませんでした。ガンに罹患してからは、ガン保険に加入出来ませんので、ご注意下さい。
 ガンの発生原因は、明確にはわかっていません。しかし、ガンに罹患するには、原因というものがあるのではないかと思います。
 ハーバード大学の推計によれば、米国人がガンに罹患する原因として、喫煙、食事、運動、飲酒という代表的な生活習慣要因が過半数を占め、その内訳は喫煙が30%、成人期の食事・肥満が30%とのこと。世間で言われるような遺伝的な要因は5%程度とされています。
喫煙者でも無く、肥満でも無く、飲酒量が少ない私がガンに罹患したことで、原因はよけいに分からなくなってしまいました。
 一説として、ストレスや睡眠不足の生活が続いてそれが「生活習慣」と言うならば、それにより免疫力が低下してガンが定着してしまったかもしれません。
 人はそれぞれの価値感で生きています。生活習慣については、人それぞれの考えがあり主張があると思います。私の今までの反省から、ある程度の範囲から大きく逸脱しなければ良いのではないかと思っています。
ストイックな思い込みはせず、ほどほどに生きることは良いことだと思うようになってきました。
 これからの私は、自衛のため、テンションを高めに設定して、頑張り過ぎず、さりとてあきらめず、ストレスをストレスと感じず、今までと比べてほどほどを良しとしてやっていきたいと思います。
(つづく)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
 このコラムは、当社・津川典久氏が「ガン」早期発見の大切さを一人でも多くの方々に知って欲しいという想いで綴られた実体験の内容です。現在も治療を継続中ですが、ガン予防メディカル倶楽部の会員となり、普及活動に参加しています。

053-津川1.jpg

053-津川2.jpg

053-津川3.jpg
posted by たまゆら at 11:00| Comment(0) | 特集記事…P2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月01日

えっ?!? わたしが「ガン」に?C

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
えっ?!? わたしが「ガン」に?C
株式会社ホロニックス総研 津川典久
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

治療から3ヵ月後の診察までに考えたこと

 38回の放射線治療が無事終わりました。放射線治療自体が痛くも痒くもなく、ひたすら眠たい治療だったので、治ったという実感があまりに無く、今日から病院に通わなくても良いのだという程度でした。
 ほっとしたかと言うと、そうでもなく、治療をしない(何もしない)ということが反って不安になりました。肌の傷なら見えますから少しずつ治って行く様子がわかりますが、前立腺は見えない部分なので体の中がいったいどうなっているか不安です。担当医師に聞いたところ、マグロのトロのような状態だよと教えていただきました。

052-P2.jpg

 2週間も過ぎると、病院に通わないことにすっかり慣れてきました。
 腹部のマジックインキの×印もすっかり消えてしまい。ガンにかかっていたことが何か悪い夢だったかの錯覚に感じました。

 おしっこの出は、1ヶ月程度はまだちょろちょろでしたが、それ以降は、徐々に出がよくなりました。多少のひりひり感はありましたがそれも消えていきました。

 何かで聞いて、鎌田實医師の「がんばらない」をいう本を読み始め、末期ガン患者の生き方を学びはじめました。その後、そのシリーズ本を読み続けました。ガンが進行して闘病する中、少しでも生きている証を残すために「がんばる」のであるが、十分頑張って生きてきたのだから、最期はあえて「がんばらない」という生き方もあると言っています。
 見舞いや看護する方も、「頑張って」と声をかけず、「よく頑張りましたね」と声をかけると、患者もほっとするそうです。あまり、頑張り過ぎると免疫細胞が減って、かえってガンを増やしてしまうとも言っています。

 私は、最初の診察までに、ガンは無くなっているのか?前立腺から逃げたガン細胞が、他へ転移していないか、考え出せば不安は膨らみます。

 これが、ストレスになって免疫細胞が減るという負のスパイラルに落ち込みそうでした。まだ、悟りきっていません。
 ガンに一度罹患すると、「キャンサー・サバイバー」と呼ばれます。まさに、ガン生還者(生存者)という意味です。ガンは治療が終わっても、「全快」と言わず「寛解(緩解):かんかい」という用語を使うようです。
 私は、これから、一生、「キャンサー・サバイバー」としてガンと戦い続けることになります。
(つづく)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
 このコラムは、当社・津川典久氏が「ガン」早期発見の大切さを一人でも多くの方々に知って欲しいという想いで綴られた実体験の内容です。
 現在も治療を継続中ですが、ガン予防メディカル倶楽部の会員となり、普及活動に参加しています。

津川さん記事ー絵1.jpg

2津川さん記事ー絵.jpg

津川さん記事ー絵3.jpg
posted by たまゆら at 11:00| Comment(0) | 特集記事…P2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月01日

えっ?!? わたしが「ガン」に?B

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
えっ?!? わたしが「ガン」に?B
株式会社ホロニックス総研 津川典久
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

手術による全摘出か放射線の照射か

 さて、前立腺ガンの治療方法として、ステージ2か3で私の状況では、年齢を考慮して、手術療法(根治的前立腺全摘出術)か放射線療法かを選択することになりました。選択に当たっては、主治医から、説明文書をいただきましたが、あまり理解できず、インターネットによって両者のメリットとデメリットを調査しました。
 手術の方が、ガンの部位を取ってしまうので、理論上、後腐れなくさっぱりしています。しかも、治療期間が入院期間を含み3週間程度と短くて、良さそうでした。一方、放射線は、何が何だかわからないけれど、ガン部位を放射線照射で、焼き殺すようなイメージとのことで、治療期間は、通院が可能ですが平日38日もかかるとのことでした。
 都内でできそうな病院を検索し、電話をかけて様子を確認しました。
 手術は、概ね、3か月後に開始できそうとのこと。しかし、手術費用以外に入院費用がかかり、結構な額になりそうなことがわかりました。しかし、生検で入院した時の印象が悪く、病棟に3週間も入院したらモチベーションが下がることが不安でした。
 そんな中、夜間に放射線治療をやってくれる民間病院を見つけました。仕事をしながらでも治療が可能とのことです。
 結局、放射線治療を選択しましたが、あまりに放射線治療についての知識が無く、病院の医者を信じて「おまかせ状態」で治療に挑みました。
  治療に通いながら、病院備え付けの書籍等で、放射線治療とは何かを勉強した次第です。
 装置は、IMRTと呼ばれる強度変調放射線療法による3D照射を行います。
 私を治療した装置は、さらに、事前に毎回CTを撮り、位置を正確に確認してから照射を行います。
 治療中は、毎日治療時刻に合わせ、蓄尿と便ガス排出を実施しました。腹囲に3か所、マジックインキで×印をマーキングして照射時のターゲット確認にしているとのことです。治療中は、消さないようにとのことでした。

津川さん記事ー絵.jpg

 手術と違い、放射線は、投薬が無く、治療自体は痛くも痒くも無い不思議な治療です。1回わずか20分ぐらいでした。照射38回の内、一度たりとも起きていた記憶が無く、治療中はほとんどの時間寝ていました。そのため、治療が終わっても、本当に治療できたかがとても不安でした。
 照射2週間目から放射線の影響で体がだるくなりました。また、尿の出も悪くなりましたが、これは、事前に説明されていた通りでした。治療が進むにつれ、だんだん尿の出が悪くなりましたが、治療終了後1ヶ月で元通りとなりました。
 放射線治療でガンがどうなったかは、よく分かりません。消えたことを祈って、3ヶ月後の初診察を待つこととなりました。  (つづく)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
 このコラムは、当社・津川典久氏が「ガン」早期発見の大切さを一人でも多くの方々に知って欲しいという想いで綴られた実体験の内容です。
 現在も治療を継続中ですが、ガン予防メディカル倶楽部の会員となり、普及活動に参加しています。

津川さん記事ー絵1.jpg
2津川さん記事ー絵.jpg
津川さん記事ー絵3.jpg
posted by たまゆら at 11:00| Comment(0) | 特集記事…P2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月01日

えっ?!? わたしが「ガン」に?A

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
えっ?!? わたしが「ガン」に?A
株式会社ホロニックス総研 津川典久
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

(つづき)
 死の影:診断から治療開始までの間(約1ヶ月)で考えたことなど

 人間として生まれたならば、必ず死ぬということは当たり前のことなのですが、ガンの診断を受けてから、いままでみじんも考えていなかった死を実感しました。ああ、私も死ぬのか? 
 何かと死の影がちらつきます。
とは言っても、とりあえず私がこの世から居なくなったらご迷惑がかかるものは何かと考え、後継者の育成と引き継ぎをしなくてはと思い至りました。すぐ連絡したことと言えば、私事ながら日本スケート連盟のフィギュア部で国際競技会開催時の音響主任を25年以上続けてきましたが、特殊技術であるため、後継者がなかなか育たない状況でした。連盟に「私がもしものときには、(あの世からでは)電話での質問に答えられないので、(生きている内に)すべて教えるから後継者候補を2名つけて欲しい」と申し入れしました。連盟サイドも深刻な状況を理解していただいたと見え、治療後の11月と12月の国際競技会と全日本選手権に2名の後継者候補をつけていただき、この2名に今までのノウハウをすべて伝授することができました。一安心です。
 次に、知人友人にお手紙を書きました。こんなに健康的な生活を送っている私でも、ガンに罹患するものです。皆さんは、定期健康診断などを過信しないで積極的にガン検診を受診してください。といったメッセージをお伝えしました。反応は、無いです。まだ、自分事ではないのです。
 人生の残り時間について考えたことですが、ガンの診断前は、「私は健康に気を使っているから平均寿命までいやそれ以上に生きられるのでは」といった明るい未来を漠然と想像する「こちらの世界」の一般的なヒトの考えだったと思います。ところが、ガンにかかったとわかったとたんに、残り人生の表示時間が寿命から生存率という単位に変わってしまいました。
050-特集記事1.jpg
 5年生存率が何パーセントなので私は5年先まで生きていられる。いや、そんな贅沢なことを考える前にまずこの先1年間生きていけるのだろうか。と急に近視眼的になってしまいました。体力が落ちたら部屋の片付けが出来なくなるといけないからと思い、断捨離しておかなければと焦る気持ちになりました。
(つづく)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
 このコラムは、当社・津川典久氏が「ガン」早期発見の大切さを一人でも多くの方々に知って欲しいという想いで綴られた実体験の内容です。
 現在も治療を継続中ですが、ガン予防メディカル倶楽部の会員となり、普及活動に参加しています。

050-特集記事2.jpg
050-特集記事3.jpg
050-特集記事4.jpg
posted by たまゆら at 11:00| Comment(0) | 特集記事…P2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月01日

えっ?!? わたしが「ガン」に?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
えっ?!? わたしが「ガン」に?
株式会社ホロニックス総研 津川典久
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 平成29年4月、還暦前の定期健康診断をいつも通り受診しました。
 今年は、そのオプション検査で1項目無料ですという誘いにつられ、何の意図もなく初めて前立腺疾患の腫瘍マーカーであるPSAの検査を選択しました。
 1〜2週間が過ぎ診断結果が郵送されてきました。
 例年通り、多少は指摘事項があっても経過観察程度で済むと思っていましたが、診断結果として「前立腺疾患疑 要精密検査」となっているではありませんか。

 普段から健康に留意している私がなぜ?
 「検体を取り違えた?」
 「何か悪いことをした?」
 と自問自答。とりあえず気を取り直し近所の総合病院の泌尿器科専門医の診察と各種検査(CT,MRI,生検など)を受診しました。

 その結果、前立腺がんで前立腺の90%が喰われている(「ガン」になっている)と診断されました。ステージは2〜3。転移は確認できないとのこと。

 がんですとの診断を受けて、頭の中がまっ白になりました。前立腺「ガン」と今後の治療方針の説明を受けましたが、よくわかりません(理解できません)でした。
 「ガン」について何も知らないのでどうしてよいかわかりません。
 「ガン=死」のイメージがあります。「ガン」の告知で、いきなり「こちらの世界」から、「あちらの世界」に転送された気分です。

 調べてみると「前立腺「ガン」」は進行の遅い「ガン」だそうです。
 そのため、「軽いガン」とか「良性のガン」とか言われていますが、ガン細胞の増殖が比較的ゆっくりであることを「軽い」とか「良性」とか言っているだけで、ガンには変わりません。

 増殖の進行が遅い分、もしかしたら、5年10年以上前からガンに侵されていた(罹患が始まった)かもしれません。
 つまり、今まで行ってきた『定期健康診断では、ガンの罹患はわからない』ということを実証してしまいました。

 よく考えると、自分は死なないと思っていた節があります。
 100歳ぐらいまでは当然生きるだろうというイメージを勝手に作っていたようです。
 親戚や知り合いが「ガン」で亡くなったと聞いても、生活習慣が良くなかったのではとか、仕方が無かったとかお気の毒にという程度しか認識していませんでした。
 ましてや「ガン」なんて病気は自分自身には全く関係の無い病気だと思っていました。
 しかし、今回、他でもない自分がかかり、それにより死を間近に感じたことの恐怖は大変な衝撃でした。
(つづく)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
 このコラムは、当社・津川典久氏が「ガン」早期発見の大切さを一人でも多くの方々に知って欲しいという想いで綴られた実体験の内容です。
 現在も治療を継続中ですが、ガン予防メディカル倶楽部の会員となり、普及活動に参加しています。

049-特集1.jpg
049-特集2.jpg
049-特集3.jpg
posted by たまゆら at 11:00| Comment(0) | 特集記事…P2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月01日

今、求められているサービスは?ご家族に合った選び方をしていますか?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
老人ホームの失敗しない選び方!
今、求められているサービスは?ご家族に合った選び方をしていますか?
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 皆さまこんにちは。老人ホーム紹介センターま・ご・こ・ろアドバイザー 株式会社GRANDIR(グランディール)の堺剛司(サカイタカシ)と申します。

『老人ホームの紹介センターって何?』
 今回初めてお耳にされる方も多いかと思います。
 昨今、老人ホームの嫌な話、耳にされる方も多いかと思います。
 ご本人にとっての『終の棲家』ご家族にとっても『介護最後の砦』になり得なければならない『老人ホーム』ですが、選び方がわからず【とりあえず近所へ】【とりあえず安いところへ】安易に決めている方が多いのではないでしょうか?
 そんな方々へ老人ホームの【選び方】をお伝えするのが紹介センター のアドバイザーの役目です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  ホーム選びの十ヶ条!!
  (優先度は各個人により異なりますのでご了承ください)

其の一 運営母体の経営状況を確認せよ!
其の二 終の棲家として適切かどうか確認せよ!
其の三 明瞭な料金体制か確認せよ!
其の四 施設入居者状況を確認せよ!
其の五 立地条件、周辺環境を確認せよ!
其の六 食事のサービス・その質を確認せよ!
其の七 協力医療機関の体制を確認せよ!
其の八 施設スタッフのレベルを確認せよ!
其の九 介護支援・生活支援体制は
               整っているか確認せよ!
其の十 行事・レクリエーションは活発に
               行われているか確認せよ!

 上記の項目に注意を払い、基準点としては
10項目中項目に満足できるならば、入居への具体的な検討をしてみください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


『有料老人ホームのイメージ』
 「有料老人ホーム」と聞いて、どんなイメージを持ちますか?どんな方が住んでいるのでしょうか?住んでいる方は高齢の方ですが、みなさんが介護を必要としているのでしょうか?また、どのように日常を過ごしているのでしょうか?
 有料老人ホームの数は非常に増えています。これは、有料老人ホームでの生活を望む方が増えてきていることも一つの要因です。現代は個人の生活様式や老後の生活に対する考え方が多様化しており、今後どのような暮らし方を望むのか、住まいに何を期待しているのかによって、一人ひとりの高齢期に適した住まいは、大きく変わってきます。自分が望む生活が実現できる、と有料老人ホームを選択される方が増えてきているのでしょう。

『有料老人ホームでの生活 その選択』
 高齢期を過ごすことのできる住まいには、さまざまな種類があります。
 「有料老人ホーム」は、介護の必要な方も、必要のない方も選ぶことができるものであ
り、高齢期の住まいを考える上で重要な選択肢の一つです。
 しかし、老後を有料老人ホームで暮らすということは、高齢者にとって、住みなれた我が家を離れ、新しい環境に飛び込むということになるため不安が先立ちます。
 どんな生活が待っているのか、環境は?ケアスタッフは?設備は?…確かめなければならないことはたくさんあります。
 また、ホームによっては前払金などの経済的負担を伴う「大きな買い物」となる場合もあります。
 そのため、ご本人にあった、納得できる 選択をすることが、とても大切です。
 入居する?しない?は最終的に決めればよいことです。まずは準備段階として疑問に残ること解決していきましょう!
 入居者様にもご家族様にも笑顔でいて頂ける施設をご案内します!
(株式会社グランディール 堺剛司)
posted by たまゆら at 11:00| Comment(0) | 特集記事…P2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

『無ければ生きられない空気』 貴方が元気になれる空気…を選んでいますか!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
生命保険とは空気のようなもの?…されど…???
『無ければ生きられない空気』 貴方が元気になれる空気…を選んでいますか!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 “生命保険の選び方が分からない”“生命保険はどれも同じでしょ”とか、果ては“安けりゃそれでイイ”というお話を時々耳にします。残念であり、“本当にそれでいいんですか?”とびっくりしてしまいます。 
 肝心な「何のために(何を守りたくて)保険に加入しているのか?」という視点がぼやけていて、そんな質問を投げ掛けるとやっと気付かれるようです。

 先日、立て続けに“あの時、解約をしなければ良かった”“話をしてくれた時に真剣に考えれば良かった”と言われました。何とも切ない気持ちになり、私自身も“あの時に、もっとこうすれば・・・”と反省しました。
 何事も「後悔先に立たず」で取り返しがつきません。どんな内容だったかというと、まだ60代の男性のケースと40代の女性のケースです。
 今回は60代の方のケースをお伝えいたします。
 この方は、現役中は事業を営んでおられてかなり羽振りが良かったそうです。
 2〜3日徹夜をしても大丈夫で、病院にかかったことも無い健康自慢だったそうです。ところが60代になった頃に大腸がんが見つかり、幸いにも早期発見だったため事無きを得たものの、事業が業績悪化してしまい倒産に追い込まれたそうです。
 その後は腎臓を患い人口透析を受けるようになり、治療を開始して2年経過した頃に脳卒中も併発されてしまいました。
 健康に自信があったが故に、個人や会社で加入していた生命保険は、加入しては解約をする繰り返しだったそうで、ちょうどがんが見つかる前に解約をしたために無保険状態で色々な治療にあたっておられました。
 せめてもの救いは、社会保険だけは確保していたため、障害者認定の申請や障害年金への切り替え手続きのお手伝いをしました。
 莫大な医療費を負担する立場になって初めて保険の大切さが分かった、とのことでした。
 “世話になった、ありがとう”の言葉をいただきながらも、“あぁ、あの時に解約さえしなければ”の言葉もセットになってしまうと、何とももどかしさを感じる今日この頃です。

 保険はカタチが無いもの、カタチになっている「保険商品」を選ぶのは簡単で良いのですが、先に挙げた目的に合っているかが肝心なところで、ご本人の考え方やご家族状況を把握した上で選ぶ・若しくは作らなければ、本来の目的とはかけ離れた保険を持つことになってしまいます。
 「自分に合った保険を選ぶ」ことは安心に繋がりますから、身近に保険のプロを備えることをお勧めします。
(ファイナンシャル・プランナー 細野孟士)
posted by たまゆら at 11:00| Comment(0) | 特集記事…P2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月01日

『手続き』さえ済ませておけば… もしもの時に請求手続きが複雑にならない

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ご存じでしたか??平成18年以降の契約者の『亡後特則』?
『手続き』さえ済ませておけば…もしもの時に請求手続きが複雑にならない
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

◆亡後特則とは…

『被保険者死亡後の給付金請求に関する特則』のこと

 「被保険者本人」が受取人となる給付金等では、被保険者の死亡後には本人が存在しないわけですから、当然ですが「法定相続人」からの請求となりますが、この特則を付加することにより、代理に請求を行う法定相続人の代表者の順位をあらかじめ定めることができる特則のことです。

◆事例

 入院していた本人(契約者)ではなく、その家族(指定された者)が代って請求をする、という点では「指定代理請求人制度」と同じなのですが、入院中に本人が亡くなってしまったケースが今回ありました。

 このケースでは「指定代理請求人」は生命保険の請求をすることは出来ません。
 「被保険者死亡後の給付金請求に関する特則」において指名されている方が代表して請求することが出来ます。
 今回はご契約からあまり年数が経っていない方でしたので自動的に付加されていましたが、以前には無い制度ですので年数が経っている契約(平成16年以前)に関しては注意が必要です。

 もし付加されていなかったらどうすれば良いのかと言うと、書類に日付の記入と署名をするだけで手続きは完了します。

 手続きさえ済ませておけば、もしもの時に請求手続きが煩雑にならずに済みます。
 「家族が亡くなって動揺している上に、次から次へとやらなければならないことが起きる中で助かった」と一言いただいたのが印象的でした。

「指定代理請求人」「亡後特則」で指定する際の注意点が一つ。
 ご夫婦の場合、一般的にはお互い配偶者を指定してありますが、高齢になってきた際には、担当者やお子さんを交えて変更の相談することをお勧めします。これは終活の一環で相続に備えることにも繋がるからです。
 資産の内訳が、現預金が少なく不動産の割合が多ければなおさらです。
 無駄な争いを招かないためにも元気なうちから備える、ことが大切だと思い啓蒙を勧めています。

(ファイナンシャル・プランナー 細野孟士)

046-p2.jpg
posted by たまゆら at 11:00| Comment(0) | 特集記事…P2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

『契約内容を知っていれば生命保険を有効活用できるのです』

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
自分が生きている内に…死亡保険金を利用できるのをご存じですか?
『契約内容を知っていれば生命保険を有効活用できるのです』
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

◆特約の内容を知って…自分も家族も安心!

 保険金を受け取れるタイミングは、被保険者が亡くなった時だけではないのをご存じでしょうか?
 生命保険金は、被保険者の貴方が、亡くなっていなくてもご自身で保険金を受け取ることが出来て、有効にお使いいただくことが出来るのです。
 代表的なものとしては、
@『高度障害保険金』
A『リビング・ニーズ特約』
B『ナーシングニーズ特約』
によって保険金を受け取ることができるのです。
 そして、いずれもの場合も『非課税』で保険金を受け取ることが出来るのです。

@高度障害保険金

 《高度障害状態》とは下表の内容になります。
 もしも、被保険者が《高度障害状態》になってしまったら保険金全額を受け取ることができます。
 当初の死亡保険金の使い途通りにお使いになっても良いですし、より良い治療を受ける為にお使いいただいて良いですし、もちろん、受け取った保険金はどのように使ってもかまいません。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
         《高度障害状態》
高度障害状態とは、次のいずれかの状態をいいます。

⑴ 両眼の視力を全く永久に失ったもの
⑵ 言語またはそしゃくの機能を全く永久に失ったもの
⑶ 中枢神経系・精神または胸腹部臓器に著しい障害を  残し終身常に介護を要するもの
⑷ 両上肢とも、手関節以上で失ったかまたはその用を   全く永久に失ったもの
⑸ 両下肢とも足関節以上で失ったかまたはその用を全   く永久に失ったもの
⑹ 1上肢を手関節以上で失いかつ、1下肢を足開飾以   上で失ったかまたはその用を全く永久に失ったもの
⑺ 1上肢の用を全く永久に失いかつ、1下肢を足閣節   以上で失ったもの
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 例えば、3億円の保険契約をしていた方が咽頭がんで声を失い《高度障害》になってしまったような場合でも、3億円の保険金を受け取ることができます。そして、手術後の新しい生活環境を一新させるための費用として自由に使用することができるのです。

Aリビング・ニーズ特約

 被保険者が、医師の診断により余命6ヶ月以内と判断された時、保険金の全額、若しくは一部(3千万円上限)を受け取ることが出来るのです。
 保険金が3千万円以下の方はその全額を…、3千万以上の方は3千万円までとなります。
 但し、以下の件がありますので確認して下さい。
⑴ 「指定保険金」に対する6ヶ月分相当の利息と保険   料相当額が差し引かれます。
⑵ すでに《保険金貸付》を受けている場合には、その元利合計金額も併せて差し引かれ(精算)ます。

 末期がんで余命宣告され『リビングニーズ特約』により保険金を受け取った後に、本人や家族の協力体制により民間療法を取り入れて治療にあたり、周囲からは奇跡の生還と云われて元気になった人も実在します。
 一命を取り留めた上に、受け取った保険金で新たな生活を送っていらっしゃる方もいます。

Bナーシング・ニーズ特約

 保険料を払込み終了した後で、被保険者の年齢が満65歳以上の時に公的介護保険制度の「要介護4」または「要介護5」と認定された場合、リビング・ニーズ特約と同様に保険金全額、若しくは一部(3千万円上限)を受け取ることが出来ます。

 リビング・ニーズ特約は、ほぼ全ての保険会社がサービスとして付加していますが、ナーシング・ニーズ特約はまだ一部の保険会社のみの保険商品です。
 特約を付けたからといって保険料が高くなるなどの負担はありません。

◆生命保険は被保険者と家族に優しい…

 今まで、生命保険商品を買っても「自分が死んだ後の家族のために…」という意識で契約していた方が多かったと思いますが、契約の特約により、万一のアクシデントがあっても、自分が生きている間に保険金を受け取って家族とともに新たな生活を送ることができるのですから、生命保険は被保険者や家族にとって、優しいものなのだと、改めて見直してしまいます。

(ファイナンシャル・プランナー 細野孟士)
posted by たまゆら at 11:00| Comment(0) | 特集記事…P2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする