2017年06月01日

家族の心を一つに惹きつける扇の要の役割か?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
障がいのある子供は神様の子だと知る!
=家族の心を一つに惹きつける扇の要の役割か?= 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 今から60年ほど前のこと、私の6人兄弟の末っ子の妹が5歳の時に1週間ほど高熱がつづき、やっと高熱が下がったと家族は安堵していました。
 四肢の動きの異常に気づいた両親が大学病院にて診断をしてもらったが、「脳性小児麻痺」という病気で脳の中にオデキができているのが原因だ・・・・と、入院して脳の中の原因物質を発見するべく後頭部を開いたもののそれらしいものは発見することはできず、やむなく退院して自宅に戻った。
 やがて時が過ぎると共に四肢の動きの異常は酷くなるばかりで、手摺りに掴まって自立することすら困難になり、ほぼ寝たきりの状態になってしまった。
 言葉を話すことができなくなり、箸もスプーンも自分で使用して食事をすることさえできなくなり、小学校に登校することもないまま家族に囲まれ家族の会話に耳を傾けニコニコとして静かに横になっていました。
 家族にとって一番気がかりになっていたことは、妹とのコミュニケーションが成立していて…本人の意思を正しく受け止めてあげられているのかが心配でした。
 その時ほど、アイコンタクトの大切さを感じたことはありませんでした。頭や四肢のわずかな動きから送られてくる意思を見落とすまいと、家族のみんなが妹と接していました。
 本人の気持ちは分かりませんでしたが、母親は妹と一緒に死ぬことが頭をよぎったことがあったと後日に耳にしました。何よりも恵まれていたのは、兄弟の友達のみんなが妹に話しかけ優しく接してくれたことで、弟も、妹も、それぞれの伴侶もその時の様子は忘れないでいると思います。
 いま『終活』を通して様々な人々と接していますが、自分がそうした家族の話をすることで、親族の中に障がいを背負った人が居ることを知り、それぞれの家族がそのことを心に刻み大切にしつつ、ご自身の終活を進めておられることを深く感じます。
 妹は23歳で亡くなりましたが、妹のことを思い出すときは心が荒んでいるときではなく、立ち止まって静かに自分のいく末を考えるときで、天に向かって深呼吸をし、生きられていることに感謝するときでもあります。
 そして、再び兄弟が一つの心で居たときの『扇の要』としての妹の存在を語り合いたいと思います。



【PDF】でご覧になる方はココをクリックしてください。

※バックナンバーはこちらからご覧いただけます。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
posted by たまゆら at 13:00| Comment(0) | 一面記事…P1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

守って下さった多くの人々に感謝&神様のお陰様

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
55年振りの入院には予兆があった!
=守って下さった多くの人々に感謝&神様のお陰様=
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 18歳の時に盲腸で7日間の入院を体験して以来、病気らしい病気もないまま今まで大過なく過ごしてこられたことにこの身体を産んでくれた親に感謝していた。
 とは言うものの60歳を過ぎたころから母親の持病でもあった糖尿病予備軍と診断されたことを機に、言い訳がましく『一病息災』を自慢げに50日ごとの定期検診だけは欠かさず続けていた。もう一つの自慢は、仕事をしない日は365日のうち年末年始の5日間だけであることを、誇らしげに語っていた自分の愚かさに、いまは恥ずかしくさえ感じるようになってます。
 4月3日に午前2時過ぎから頭痛と息苦しさと全身が痛むほどの強ばりに、どうにも我慢ができなくて119。
後でわかったことですが救急車は僅か10分で到着。
 自宅近くの総合病院の循環器科のICUに4日間。何本もの点滴と本格的な酸素吸入。身体からはいくつもの管が…。自分では身動きが取れない。一般病棟に移ってから1週間は同じ状態がつづき、自由に動き回れることのありがたさをしみじみと感じる。
 振り返ると昨年の秋のこと、岩槻市に向かっているとき、ふと「自動車の運転を止めようかな…?」なんて、自分では意外なことを考えていた。疲労感があった。
 2月初め、区内で昼食をしていたとき身体中の筋肉が一気に弛緩状態になり地面に伏せてしまい、それに気づいた道行く人のお陰で119番通報。近くの大学病院に搬送され症状が快復。
 3月12日。八王子市南大沢の会社に訪問した際にも弛緩状態になり倒れ119番。日野市の総合病院に搬送され、検査の結果インフルエンザと判明。予防接種の効果なく人生初めてのインフルエンザに感染した。風邪を引いても少々の熱では休まず仕事をしていたものの、体温計の39℃を超える熱にさすがに観念していました。 そして4月3日救急搬送。昨年11月からのいくつもの分かりやすい兆しを見逃して居たわけではないのですが、仕事のスケジュールで休みを取れない事情があったのも事実で、幸いにも入院の期間は時間を空けておいたから何とかなった。
 退院したからといって本調子ではないのと、合間には検査入院の予定があり、大切なお客様にお伺いするにも中途半端。5月末の入院検査よ無事に終わってほしい!
 多くの人々に守られて、生還できたことに深く深く感謝。そして見えない神様のお陰だと信じています。




【PDF】でご覧になる方はココをクリックしてください。

※バックナンバーはこちらからご覧いただけます。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
posted by たまゆら at 13:00| Comment(0) | 一面記事…P1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

ポールウォーキングで健康づくり

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
上半身を遊ばせておくなんてモッタイナイ!
ポールウォーキングで健康づくり
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最近、2本のストックを突いて街を歩く人を見かけることが多くなりました。それは、メタボリックシンドローム、ロコモティブシンドローム対策のひとつとして開発されました『ポールウォーキング』です。
 姿勢を整えて前方に視線を向けて歩くテンポに合わせてポールを交互に置いて歩くスポーツなのです。過激な運動ではないのですが、ウォーキングと違ってポールを使用することによって上半身も動かす全身運動です。
 自宅周辺や、仲間と共に郊外を散策…、安全で確実に再現可能なウォーキングエクササイズを目標として楽しむことができます。
041-p1-写真ポール.jpg
◆健康維持でウォーキングを楽しむ人には…
・上半身も使った全身運動なので、通常のウォーキング と比較して20〜30%増の運動効果。
・ダイエットにも効果的。
・メタボリックシンドローム(内蔵脂肪症候群)の予防
・ロコモティブシンドローム(運動器症候群)の予防と改善。
・正しい姿勢を保持して歩幅も広がる
・左右の筋バランスが整い効果倍増!
・首や肩周りの血行を促して肩こりも改善。
・ポール体操で手軽に、安全にウォーミングアップ。
・筋力・筋持久力・柔軟性の向上。
◆リハビリ中の人や足腰が弱まっている人には…
・骨粗鬆症の予防と改善。
・足腰への負担を軽減。
・転倒予防と身体バランスの改善、筋バランスの改善。
・起立&歩行の安定性獲得と運動器の機能改善

●近日中に『ポールウォーキング同好会』がスタートいたします。参加をご希望の方はお申し込みください。
(ポールウォーキング・アドバンスコーチ 細野孟士)


【PDF】でご覧になる方はココをクリックしてください。

※バックナンバーはこちらからご覧いただけます。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
posted by たまゆら at 13:00| Comment(0) | 一面記事…P1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

ジェロントロジー(老年学)における《少死化》と《少産化》

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ジェロントロジー(老年学)における
《少死化》と《少産化》
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

040-p1-表紙.jpg

ジェロントロジーとはギリシャ語で『老人』を意味するgerontと『学問』を表す接尾語−ologyを組み合わせた造語で、日本では「老年学」「老人学」「加齢学」と云われています。
 歳をとるという要因で、遺伝・環境・経験・ライフスタイルの影響を研究する学問だといわれています。
 総人口の3分の1が65歳以上の高齢者になった日本において、今後の社会インフラは高齢者が増えたことを前提にして組み直していかなければならない状況です。
 高齢者が増えることを肯定的に捉えるならば、高齢者が保有するといわれている900兆円の資産を有効に利用し、高齢者インフラを整備することも考えられます。
 これからは、学問としてのジェロントロジー教育を進めることは当然となり、衣・食・住も、経済活動も、法律も、医学も、交通も、政治にも配慮することが求められてきます。
 人間の身体は、120歳まで生きられる寿命があるといいますが、そうなると、医療、衣・食・住と家族関係などの生活に密着した部分が予想できないほどの変化をすることになります。
 社会の現象として『少子高齢化』という言葉が一般的になっていますが、実は《少死化》⇒平均寿命が延びる状態であり《少産化》⇒出生率の低下が同時に起きている状況にあるということなのです。
 グラフでお馴染みの「人口分布図」が逆ピラミッド形に急変していく因果関係は『少死少産化』にあると云えるのではないでしょうか。高度医療が目覚ましい現代は、高齢者(65歳以上)の5%が障害(要介護)が必要であり、15%は虚弱(要介護)、残りの80%は自立しているといいいます。自立している80%の内訳は、60%が平均的高齢者で、20%は恵まれた高齢者だそうです。
 《少死化社会》では、自助(自らの健康を維持できる人)や互助(相互扶助などボランティアができる人)のような自立が求められているようです。健康で《公助》に頼らない健康を心がけて行きたいと思います。



【PDF】でご覧になる方はココをクリックしてください。

※バックナンバーはこちらからご覧いただけます。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

posted by たまゆら at 14:00| Comment(0) | 一面記事…P1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

急増する高齢者のネットショッピング

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
急増する高齢者のネットショッピング
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 総務省の統計「平成 26 年全国消費実態調査」によると、世帯におけるインターネットを通じた財(商品)やサービスの購入(以下「ネットショッピング」という。)が急速に増えてきていることが示唆されています。
 調査によると、ネットショッピングを利用した世帯の割合は年々上昇していて、平成27年は平成14年の約5.2倍で、世帯主の年齢階級別には、ネットショッピングを利用した支出総額は、50歳代が最も多く、ネットショッピングを利用した年間支出額は40万8千円であったといいます。支出の内訳をみると「旅行関係費」が21.8%で最も高かった。
 中でも「航空運賃(航空券の購入)」は4割以上がネットショッピングで購入している。都道府県別でみると神奈川県が最も高く、次に埼玉県、東京都などと続いています。
◆また、ネットショッピングの利用世帯主の年齢階級別に見ると、50歳代が 155,916 円と最も多く、次いで40歳代が146,064 円60歳未満では 15 万円前後となっています。また、60歳以上の高齢層においては 88,392 円、70歳以上が 43,404 円となっています。
 また、高齢者世帯がネットショッピングで購入した商品は医薬品・健康食品が1位を占め、次いで保険商品、贈答品、食料となっている。

039-p1グラフ.jpg

 赤枠内は60歳以上の高齢者です。この市場の人たちが、どうしたらネットショッピングで購入するように仕向けるかが売り手側の巧みなテクニックとなって競い合っているのが現状です。



【PDF】でご覧になる方はココをクリックしてください。

※バックナンバーはこちらからご覧いただけます。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

posted by たまゆら at 15:00| Comment(0) | 一面記事…P1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月04日

センテナリアン時代の終活を考える年

=======================
センテナリアン時代の終活を考える年
=======================

 新年明けましておめでとうございます。
 少子高齢化時代の到来について様々な対策に対して警鐘が鳴らされていましたが、少子化もさることながら、平均寿命や健康年齢が毎年更新されてきた結果として、超高齢化社会が現実となり、実に100歳以上の高齢者(センテナリアン)が6万5千人を超えるまでになっています。
 『センテナリアン』とは、言うなれば一世紀を生き抜いてきた人のことで、長寿化が進む日本においては2050年には100万人を突破すると予測されています。今後は先進国で誕生する子供の50%はセンテナリンになるとも云われています。
 現在、19歳の子供は101〜102歳の寿命で、29歳の人は98〜100歳に、39歳は95〜98歳に、59歳の人は89〜94歳となる計算です。
 平均寿命は110〜120歳にまで伸びるということで、『人は一世紀生きる』という現実を基にした、国の経済と雇用、健康と生きがい、そして食糧問題などを考慮するとともに、租税徴収のあり方と福祉問題など大きな舵取りが必要になってくるのではないでしょうか。
 労働力人口の減少を鑑みて、多くの企業が雇用対策に限界を感じ、むしろ意図的に雇用を少なくし雇わない産業構造により、雇用が半減することも予測されています。
 110歳以上の人を「スーパーセンテナリアン」といいますが、現在も日本に2名が存命されています。
・田島ナビさん(女性)116歳と156日(九州地方)
・都千代さん(女性)115歳250日(関東地方)。

 税務署と税理士、社会保険事務所と社労士、相続コンサルタントなどは、この大きな社会変化を踏まえた上での年金や社会福祉に直結する相続提案が必要で、税務署や社会保険庁の改正点に目を離せませんね。
(出典:慶應義塾大学医学部百寿総合研究センター広瀬 信義氏)




【PDF】でご覧になる方はココをクリックしてください。

※バックナンバーはこちらからご覧いただけます。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
posted by たまゆら at 14:00| Comment(0) | 一面記事…P1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月01日

11月5日・イイご縁の日(縁結びの日)HAPPY 縁 DO 玉響 チャリティーイベントin 文京シビック小ホール

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
11月5日・イイごの日(結びの日)
HAPPY DO  玉響 チャリティーイベント
in 文京シビック小ホール
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

037-p1-1.jpg

037-p1-2.jpg

 「シニア・ファッションショー」をシビックセンターのステージで開催しようとの発案があり、なんと「イイご縁の日」の11月5日(土)に開催することが出来ました。
 開催までに紆余屈折のドラマがありましたが、ステージでのショーとロビーではイベントが開催されました。

 オープニングは厳かな鼓の音で登場された「能楽師小林晋也さん
そして司会者桜香 純子さんの流れるような司会でファッションショー、シニア総研の富田 眞司さんトークショー。渡部佳依子さんによるヘアメイクショー。

037-p1ベリーダンス.jpg
 第二部は、ベリーダンス「ゴールデンベリーズ」の皆さんによる艶やかなベリーダンス、次いて、
オープニングアクトとして歌手の坂本 明宏さんの熱唱、
本日のスペシャルゲストとして出演の「マイク眞木さん」の歌とトークでした。
 「バラが咲いた」の名曲に会場は拍手喝采でした。

037-p1小林さん.jpg

能楽師 小林晋也さん
宝生流職分。能楽の稽古による介護予防健康体操なども行っている

037-p1坂本さん.jpg

オープニング・アクトで熱唱する本明宏さんの歌声。

037-p1マイク眞木さん.jpg
マイク眞木さんの安らぎを感じる歌声とトークは、会場の皆さんにとって忘れられないひとときとなりました。

037-p1ヘアメイク.jpg
ヘアメイクアーティスト・渡部 佳依子さんによる舞台でのメイクの実演に観客も息をのんで完成を見守っていました。

037-p1-3.jpg

037-p1ベーゴマ.jpg
懐かしい昭和の遊び『ベーゴマ普及協会』のコーナーには、思わず写真を撮る光景も・・・。皆さんに楽しんでいただきました。



【PDF】でご覧になる方はココをクリックしてください。

※バックナンバーはこちらからご覧いただけます。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

posted by たまゆら at 12:00| Comment(0) | 一面記事…P1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

わずか2時間の中で多彩なイベント 活気に満ちたチャリティーショーでした。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
わずか2時間の中で多彩なイベント
活気に満ちたチャリティーショーでした。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

037-p2マイク眞木さん.jpg

 忙しい時間を割いて出演してくださったマイク眞木さんは、熟年の魅力たっぷりな余裕のあるお話に、会場の人々の心をとらえて舞台と観客席が一体になった楽しいひとときになりました。

 開場の時間制限がなければ、まだまだ楽しい時間が続いたのですが、またの機会にゆったりとしたコンサートを開きたいと思っています。

 持つべきものは親友。小学校の同級生の親しい友人という縁があって友情出演していただきました。近いうちに、気さくなマイク眞木さんのライブを見つけて楽しんできます。 (細野孟士)

037-p2-1.jpg


関係する団体の出展で賑わいました。

037-p2-2.jpg


037-p2-3.jpg

●富田眞司さん2.jpg

ミニトークショー
一般社団法人日本元気シニア総研
代表理事 富田眞司さん

●桜香純子さん写真2.jpg

総合司会
美と癒しと健康のエステサロン「サロン・ド・エンジェル・エンジェル」
代表 桜香 純子さん

037-p2渡部さん.jpg

ヘアメイク
ヘアメイクとしてブライダル、フォトスタジオでの仕事を経てアメリカ留学。帰国後、フリーとしてご活躍。
渡部 佳依子さん


チャリティーイベント・ご協賛団体一覧

・生き方美心project
・一般社団法人 日本元気シニア総研
・一般社団法人 日本看取り士会
・一般社団法人 日本葬祭コーディネーター協会
・一般財団法人 健康・生きがい開発財団『健生都連』
・NPO法人 認知症介入指導協会
・NPO法人 えこお
・東京中小企業同友会 文京支部
・結婚相談所 ブライダルスワン
・一般社団法人 日本ビジュアル支援協会
・フォトスタジオなつ(寿写)
・マックスプロジェクト(松 稔)
・有限会社 スペースウエノ(上野 邦子)
・フラワーコーディネーター 佐藤 洋子
・株式会社 GRANDIR 老人ホーム紹介センターま・ご・こ・ろ
・積水ハウス株式会社 東京南シャーメゾン支店
・株式会社 暁喜(100%天然素材 薬膳茶)
・ベーゴマ普及協会(昔遊び 普及会)
・美と癒しと健康「サロン・ド・エンジェル・エンジェル」
・Hoaulii(ホアウリィ)
・有限会社三浦企画(映像付言・カンパネラ)
・株式会社 DA
・株式会社ありがとう・不動産      (順不同)

ご協賛いただきました団体の皆様に深く感謝申し上げます。ありがとうございました。


○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●


posted by たまゆら at 11:00| Comment(0) | 一面記事…P1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月01日

ご縁を結ぶ、未婚の子供さんを持つ親の交流

「10月14日・第38回終活応援セミナー」
を結ぶ、未婚の子供さんを持つ親の交流
結婚相談所ブライダルスワン 代表 片山美津代 氏

036-p1写真1.jpg

終始笑顔で婚約成就の大切さを語る片山さん

「少子高齢化社会における終活の中で、子供の結婚問題を解決しておくことは大切です!」
 力説する片山美津代さんは、子供の結婚問題は家族で取り組むべき問題だといい、2000年に『ブライダルスワン』を設立し、今日まで2000組以上のお見合いに立ち会い、親御さん達からも感謝されているとおっしゃいます。
 ブライダルスワンは日本で代表的な3つの連盟に加入しており、登録婚活中の会員12万人の中から、的確な人を探し出すノウハウできめ細かい対応をしていらっしゃいます。
 また、昔の仲人さん方式を取り入れ、『結婚を真剣に望む親の会』を開催し、今までに千人以上の親御さんが参加され新たなカップルが誕生、そしてお孫さんと喜びの葉書も届いているとのことです。

◆結婚を真剣に望む親の会の創設

036-p1表紙.jpg
 様々な事情で中々結婚まで行き着かな未婚のお子さんを持つ親御さんのお悩みを聴いて、親同士のお見合いと言う新しい視点から結婚相談を行うサービスとして創設した会は好評となり、新聞・雑誌等でも話題になったのは、早くて満足度の高い成婚率のようです。

 ご希望のお相手探しから、お見合いの立会いまでお手伝いしてくれる親の会では、多くのデーターをもとにしていることも成婚者の好評の背景にあります。

 未婚者の【結婚の意欲】に関するデータでは…、
・いずれは結婚しようと考える未婚者の割合は、男性・86.7%、女性→89.3%と高い水準にあるものの、一生結婚するつもりはないとする未婚者が増えているのも否めません。

036-p1グラフ1.jpg

036-p1グラフ2.jpg

 また、厚生労働省のホームページによる「合計特殊出生率」の推移グラフによる顕著な人口減少。

「生涯未婚率(50歳までに結婚歴のない人)」では、男性22・8%、女性13・3%となっている。(国立社会保障・人口問題研究所調査より)
 そして、男性の未婚率は30年前に比べ8倍であり、30年後の2045年には、男性が35%、女性27%と予測されているというから、仲人さんの役割はますます重要になってくることが理解できます。
 終活において、子供の結婚が重要だと語る片山さんは、結婚して安心して子供を産み育てられるような、国として取り組んで欲しい社会環境の整備で、50年前までのような親子三世代が、いつでも顔を合わせられるようなあ新しい時代にそった家族関係が出来上がることを、こころから期待している温かい仲人さんでした。

036-p1写真2.jpg

親族の写真を持って参加された受講者は、個別相談で息子の婚活が一歩前進したと喜んでお帰りになりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

036-p1表紙2.jpg

元・吉本ホリプロ芸人 松稔さんをご存じですか?

【内容紹介〜まえがき〜】 
私は由緒ある貧乏の家に育ちました。 
家族は、両親・長男・次男・長女・そして私です。六畳一間のバラックに6人が暮らしていました。
狭くても楽しい我が家だと良いのですが!? (中略)
兄弟で唯一高校に行ったのは私だけだった。 
それもお金がないので、昼間は貿易会社で働き、夜は定時制に通いました。朝8時に出て帰ってくるのが、夜の12時くらいだった。授業が終わってからサッカーもやっていたので、毎日くたくたでした。それでも夢があったので充実していた。 ある時、梅田花月に言ったら、みんな大笑いしている。 嫌なことがあったら花月に行くようになった。(続きはamazonで…)

松稔さんは『たまゆらサロン』の終活専門家サポーターです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



【PDF】でご覧になる方はココをクリックしてください。

※バックナンバーはこちらからご覧いただけます。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

posted by たまゆら at 12:00| Comment(0) | 一面記事…P1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月01日

『独り住まいの親の介護と高齢者施設探し』

「9月24日・第37回終活応援セミナー」
『独り住まいの親の介護と高齢者施設探し』
株式会社グランディール アドバイザー 堺 剛司氏

035-p1写真1.jpg

 厚生労働省の高齢者白書による近年の高齢者の姿と取り巻く環境の現状と動向についての調査では、
一人暮らし高齢者の増加は男女ともに顕著であるといいます。
 一人暮らし高齢者(65歳以上)の全人口に占める割合は
◇昭和55年(1980)には
 男性4.3%、女性11.2%で あったものが、
◇平成22年(2010)では
 男性11.1%、女性20.3%
と一気に倍増する傾向にあります。

 団塊の世代(1947〜49年生まれ)の約800万人の人が2015年前期高齢者(65〜74歳)に到達し、
後期高齢者が約1,500万人となっています。
 2025年には、75歳以上の後期高齢者が約2,200万人まで膨れ上がる現状の超高齢化社会では全人口の4人に1人は後期高齢者となるわけです。
 高齢者の4人に1人(25%)は『認知症患者』または『予備軍(MCI・・・軽度認知障害)』と言われています。
 また、9年後の2025年には、65歳以上の『認知症患者』が、462万人から約700万人(約5人に1人)にまで増加すると言われています。

高齢者施設探しは、熟知したプロに
035-p1写真2.jpg

 入居者とその家族にとってみれば、金額に見合った居心地のよい住空間は最低限の要求になるでしょう。しかし、勘違いされがちなのですが、毎月の利用料金の高いホームや入居時に必要な入居一時金の高額なホームが、必ずしも入居者や家族への満足度が高いというわけではありません。
 利用料金の高い有料ホームは費用に見合った施設設備が整っており、入居一時金の高い有料ホームは、セレブリティなサービスを入居者に提供します。
 最終的に入居者が求めるのは、「快適なごく普通の生活」のためのサポートなのです。有料老人ホームを選ぶ際には費用だけを判断基準にするのではなく、そのホームで働くスタッフの姿をよく見てみなければなりません。スタッフの対応がいいホームは、入居者の表情がイキイキとしています。表面ではわからないスタッフの本当の姿は、入居者の顔を見ればわかるものなのです。

035-p1写真3.jpg
035-p1写真4.jpg

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
たまゆら主催
大人になった親子 親子から心友
玉響ハッピーチャリティーコンサート

11月5日は 縁 結びの日!
(神話の国・縁結び観光協会制定) 
2016年11月5日(土)14時〜  
文京シビック 小ホール  チケット:1000円

Joy  シニアファッションショー 
       &ミニトークショー

Go コンサート
 親子で聴いた想いでベスト
 スペシャルゲスト マイク眞木さん

115日(いいごえんにち)
 縁日エリアとしてロビー内を無料開放いたします。
 ワククワクするイベントコーナーが目白押し!

人が生まれて初めて結ぶごは…親と子です。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


【PDF】でご覧になる方はココをクリックしてください。

※バックナンバーはこちらからご覧いただけます。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●


posted by たまゆら at 12:00| Comment(0) | 一面記事…P1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする