2018年04月01日

あゝ定年かぁ・クライシス

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 あなたにとって本当の生きがいは…
   男のロマン 女の不満
あゝ定年かぁ・クライシス
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

053-一面.jpg

 25年前(1992年)に団塊の世代の人材(特に男性)が一斉に定年となった時に備え、健康いきがい開発財団が設立され、数千人のアドバイザーが創出されました。25年間で社会が大きく変わりましたが、百歳時代、男女共生、など、今では古希を迎えている「生きがいアドバイザー」でさえ、戸惑うことが多い日々だ。
 本誌に「男のロマン・女の不満」を記事として投稿いただいた後、再編集されて1冊の本に上梓された。あゝ定年か「クライシス」という原沢秀一氏の定年後の生々しい実体験を綴った体験記。
 夢を抱いて定年を迎えた夫と、それに対する妻の冷静さは不満だった。定年を迎えたら…と、かつて妻に話していた「キャンピングカーを買って妻と全国に旅を…」と妻に切り出したら喜んで賛成してくれるかと思いきや、一気に冷戦状態になってしまったとか…。
 定年とクライシス(crisis)は、何とも絶妙な表現。
危機という意味でも経済上の危機や恐慌などを表す言葉として使われています。
 ただ、「クライシス」の意味は全てが悪い状態ではなく、良い方向に向かう出発点というのも含まれているのだそうですから、転機、分かれ道、重大局面ととらえ、どのようにして乗り切るか?どうして乗り切れたか、などが分かる定年となった男性達の『定年バイブル』とも捉えられるものです。
 理屈で分かったつもりでも本当の定年後の生活を分かっていないと嘆く「妻達への応援メッセージ」になるのではないでしょうか。真実を赤裸々に語る原沢氏の本書は、
アマゾンと電子書籍で購入できます。
(健康生きがいづくりアドバイザー・細野孟士)








【PDF】でご覧になる方はココをクリックしてください。

※バックナンバーはこちらからご覧いただけます。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
posted by たまゆら at 13:00| Comment(0) | 一面記事…P1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月01日

メタボリックドミノ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
      百寿医学はまずは予防から…
 人生100年時代を元気に乗り切ろう
   メタボリックドミノ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 ガンの予防では「がんの早期発見・早期治療」が重要であり、認知症の予防には「プラズマローゲン」が有効的であるという記事に、自分の健康年齢も“百寿”を期待できるかのように錯覚と期待を抱いてしまう。

 「メタボリックシンドローム」の言葉を初めて聴いてから恐らく20年以上が経っていると思うが、本当に健康な“百寿”社会を実現するには「メタボリックドミノ」の現実をしっかりと認識して日々の生活習慣を正しく身につけていかなければいけない。
 寝たきりにならず、自立した生活を送ることが出来るようになることで、健康寿命をいかに延ばすかと云うことが可能になるのだとすれば、大いに挑戦したいことだ。
重要なのは、治療より予防ということであることは確かであるのだ。
 政府も「人生100年時代構想会議」なる旗印を掲げて議論を盛り上げているようですが、われわれが100年を幸せに過ごす為には、ひとりひとりの自覚がかなり重要になってくる。
 私は病気になった人…医者は病気を治す人…と云うようなことではダメ。今や100歳以上の人が6万人を超えたという実態と、今から生まれる子供の半数は100歳以上生きられるというから、世の中は100歳だらけになるようだから…。
 例えば、百寿総合研究センターで100歳以上の高齢者の持病を調べたところ、糖尿病の人が少ないことが特徴だったという(「『100歳』生きる人に学ぶ“長寿のメカニズム”」を参照)。なぜそうなのか詳しくは分かっていないが、健康長寿を考えるうえで糖尿病など生活習慣病が鍵を握っていることは間違いないだろう。






【PDF】でご覧になる方はココをクリックしてください。

※バックナンバーはこちらからご覧いただけます。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
posted by たまゆら at 14:00| Comment(0) | 一面記事…P1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月01日

プラズマローゲン

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  認知・ストレス・睡眠改善機能をもつ
              食品素材としての
       プラズマローゲン
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 プラズマローゲンは、哺乳類では脳や心臓、骨格筋といった酸素消費量の多い組織に比較的多く存在するものです。
 プラズマローゲンは、例えば脳においては、エタノールアミン結合型の占める割合が多い。構造上の特徴としてプラズマローゲンは酸素の反応性の高いビニルエーテル結合を有するため、通常のグリセリン脂質と比較して酸化ストレスに対する感受性が高く、生体内において抗酸化剤として機能していると云われています。
 プラズマローゲンの特許(特願 2015-092999)は、丸大食品(株)及び国立九州大学の共同出願による『学習記憶能力増強剤』が特許審査通知を受領したものです。
 健常な哺乳動物が特定のプラズマローゲンを摂取することにより、健常な学習記憶能力が増強することが認められたものです。

051-プラズマローゲン.jpg


●認知症も重い脳疲労

 「脳疲労」の最も重症型の病気が認知症と言われています。
 健康な人と認知症の人とでは、脳内のプラズマローゲンの量に差があることがわかっています。
 このプラズマローゲンは健康な人であれば自力回復できますが、「脳疲労」の激しい認知症になると自力ではつくりにくくなりますが、外から補うことで対策が可能になりました。
 プラズマローゲンは動物の体内に多く存在しています。これまでは豚や牛から少量抽出されていましたが、最近では鶏ムネ肉やホタテ貝から安定抽出できるようになりました。
(九州大学名誉教授 医学博士 藤野武彦先生談)





【PDF】でご覧になる方はココをクリックしてください。

※バックナンバーはこちらからご覧いただけます。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
posted by たまゆら at 13:00| Comment(0) | 一面記事…P1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月01日

《まも〜る》の活用と「がん光免疫療法」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ガンで良かったと妻と乾杯できる人
まも〜る》の活用と「がん光免疫療法」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 近赤外線光と新たに開発された薬剤を使って《がん》を治療するという『がん光免疫療法』の治療が、日本で3月から始まるという朗報は、小林久隆・米国国立衛生研究所主任研究員によるもので、多くのがん患者にとってはまさに救世主だ。
 日本人にとっては、治験に時間がかかることが多いこれらの治療が、いつから日本での治療が受けられるのかは、関心の高いところです。

 これまで、がんの治療法は、手術、抗がん剤治療、放射線治療が三本柱とされていたが、それぞれの治療法における問題点は、臓器の組織を構成する《幹細胞》も死んでしまうのだという。
 がん細胞を殺すことが出来ても、がん細胞のあった臓器の周辺が、焼け野原になってしまうという。その点、『がん光免疫療法』は、がん細胞をピンポイントで死滅させられる効果があるというから、焼け野原にならない。
 新しい治療法が発見されても、実用化に向けた大きなハードルは如何に早く多くの治験を進めるかだったが、今回は《楽天》の三木谷浩史会長がスポンサーとなったことが大きいという。

050-一面記事.jpg

 将来は、8〜9割のガン治療が可能になるというのは、ほとんどの《がん》が治ると云うことで、がんの早期発見をサポートする《まも〜る》と『がん光免疫療法』の組み合わせによって、画期的ながん対策が確立するのではないでしょうか。
 治療が長引くのは、がんの発見が遅れたことが大きく影響するわけだから、「早期発見、早期治療」の大原則を励行することによって、がんであっても、つつがなく治療が出来るようになるわけです。
(健康・生きがいづくりアドバイザー 細野孟士)





【PDF】でご覧になる方はココをクリックしてください。

※バックナンバーはこちらからご覧いただけます。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
posted by たまゆら at 14:00| Comment(0) | 一面記事…P1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月01日

《音楽健康指導士》の活動に期待を!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
こころに愛を、くちびるに歌を・・・・
《音楽健康指導士》の活動に期待を!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 歌や音楽には不思議なパワーがあると言われています。
 歌うことで、遠い過去の記憶が蘇ることを介護の現場で見つけ、3年前に当社で開発したのが『たまゆら終活応援ノート』でした。寝たきりになった母親の枕元で幼い頃の歌を口ずさみ、母親の意識が開花した事例などの体験者の話は、歌が持つ力が人間の健康回復に欠かせないことを立証するものとして感動さえ感じるものがありました。

049-一面記事1.jpg

 『音楽健康指導士』は、健康の維持や、心身の機能回復や改善に大きな効果が見込まれていることを前面に打ち出し、歌と音楽と健康を系統立てて学び社会に貢献できる資格として2014年に協会が設立され、25年前に設立されました『健康・生きがい開発財団』も深く関わり協力関係にあります。
 音楽、体操、運動、映像、歌唱など介護予防と生活機能改善の役に立つたくさんのコンテンツを研究、開発しています。
 その上で、そのコンテンツを活用できるインストラクターも育成しています。

049-一面記事2.jpg

 世界に名だたる『超高齢社会』の日本において、社会の要請は『健康寿命の延伸』だと云えます。
 日本音楽健康協会は、「うたと音楽」の普及・研究を進め、福祉・健康・教育をはじめとする分野で広く社会に貢献していく団体として社会にうたと音楽」の力が心と体の健康を取り戻せる一助となることを学術的に研究し、その結果を広く社会貢献に寄与するものと期待したいです。
(健康・生きがいづくりアドバイザー 細野孟士)






【PDF】でご覧になる方はココをクリックしてください。

※バックナンバーはこちらからご覧いただけます。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
posted by たまゆら at 13:00| Comment(0) | 一面記事…P1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月01日

何を捨て何を残すか…断捨離と自宅の売却で元気回復〜

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
建物が老朽化する前に、自分が動けるうちに!
何を捨て何を残すか…断捨離と自宅の売却で元気回復〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「老朽家屋」や「空き家」が増加していることは大きな社会問題であり全国的規模で全国の行政機関でその解決に取り組んでいる。
 すでに居住人がいなくなった空き家の問題は、当社の空き家問題の専門家が共有する相続人の調査や調整によって着々と問題解決を行っています。
 一方、「老朽家屋」は、多くの老朽化の原因は建物の改修費や修繕費の負担が過大であるため、手を付けられないままヒタヒタと時間だけが過ぎ、老朽化の一途を辿っているのです。
 木造家屋の場合は、屋根、雨樋、壁、ベランダなどからの雨漏りが原因となって朽ちていく。特に屋根の上は建物の住人には見え難いのと、屋根修理を提案する営業マンに騙されるのでは…という猜疑心によって雨漏り原因を解決しないまま修繕を先送りにすることも、建物老朽化を早める大きな原因となっている。
 半径100メートル内に老朽家屋が1軒あることによって、周辺の地価が1.4%〜2.3%下落するという専門家の調査結果もあるようだ。「管理不全家屋」や「老朽危険家屋」など複数ある地域では、周囲の地価が5%以上もマイナスになるとも云われています。

048-一面.jpg

 建物が管理不全のままであったり、外構の植栽が大きく成長しているような場合も建物の老朽化を早めている場合もある。植栽は庇より高くならないように思い切って剪定することは必須条件かも知れません。
 老朽危険家屋等対策として、自治体によっては助成制度を設けてまで除却を進めていますが、その家屋に住んでいる本人の意識改革が重要になってきます。
 家屋の中の家財道具や捨てられない趣味の持ち物、また思い出の品々等を思い切って断捨離することで、本人の意識も変わります。
 断捨離によって、新たな生活の空間を見つけ、自ら老朽家屋からの脱出ができるようになるのです。
 自分の生活環境は自分で変えるのが一番ベストですが、親族以外の第三者に依頼して整理することも現代社会ならではの方法だと考えられます。
(健康生きがいづくりアドバイザー 細野孟士)





【PDF】でご覧になる方はココをクリックしてください。

※バックナンバーはこちらからご覧いただけます。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
posted by たまゆら at 13:00| Comment(0) | 一面記事…P1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

55回のセミナー開催は〜静かな川の流れのように〜

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
終活 は流れて変る花筏!
55回のセミナー開催は〜静かな川の流れのように〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 平成26年1月27日、文京シビックセンター3階の会議室で第一回終活応援セミナーがスタートし、いつしか55回を迎えました。静かな流れに浮かんだ花筏のような社会の変化に沿って様々に形を変えながら開催した『たまゆらサロン』の終活応援セミナーに対する取組には、理解し協力して下さった多くの方々からの熱い想いがあってのことと心に刻んでいます。

047-表紙3.jpg


047-表紙2.jpg



 「花筏」が春の季語であることを知りつつ終活の「筏」になぞらえて見てきました。
 そもそも筏は、川に流された骨壺(こつつぼ)の様子からきているのだそうです。いにしえの時代からの言い伝えで、川に浮かべていた「筏」に、骨壺を紐で結んで流していたもの。
 骨壺が花と一緒に筏に結びつけている紐が緩んで外れてしまう。外れると言うことは、川に流されていくと仏教のあの世にある極楽浄土に早く行けることとされていたようですから、花筏の様子は終活と縁遠いものではないように感じています。

047-表紙1.jpg



 少子高齢化が引き起こした社会構造による政治と福祉、経済格差と税制、超高齢化と高齢者用住宅、健康と生きがいづくり、マイナンバー制度など、日々刻々と変わる“終活”の裏側を冷静に検証し、他人事ではない“終活”の見えなかった部分を分かりやすくお伝えするレポートとして発行を続けて参ります。

 特に、税務の問題は、有資格者ではなければ数値の記載された相続書類を作成することさえも憚られるのが現実で、専任講師の富永徹也税理士によって解決しました。
 これからは、個人や事業主の方々の会計処理についてもお手伝いできる体制を整えましたので、お早めにご相談いただくことをお勧めいたします。
 (健康生きがいづくりアドバイザー 細野孟士)






【PDF】でご覧になる方はココをクリックしてください。

※バックナンバーはこちらからご覧いただけます。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
posted by たまゆら at 13:00| Comment(0) | 一面記事…P1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月01日

健康寿命はフレイル予防で延ばせる!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
健康寿命はフレイル予防で延ばせる!
健康・生きがい開発財団/全国大会 in 文京区民センター 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

046-フレイル.jpg


 日本で、2007年以降に生まれた子どもの半分は、107歳以上の寿命になる…と予想されているようですが、それは大変なことなのです。
 人生100年時代が当たり前になる時代に、元気に生活できている高齢者の『健康寿命』はますます重要な課題となってきます。医療の技術進歩により高齢化に拍車がかかっているという反面もありますが、決して不幸なことではなく国としては大きな財産になるように考えられる社会でなければなりません。
 今までより約20年以上長く働く(働かなければならない)高齢者なのですから、健康的に年を取る術を身につけていなければなりません。
 自分では元気でいると感じて予防を怠っていると、体力が落ち「プレ・フレイル」の状況を経て『フレイル(虚弱)』になるのはアッと言う間のことで、いかにして『フレイル』にならないように自分で食い止めることをしなければならない。
 仕事を引退して、プレフレイル期、フレイル期を漫然と過ごしていると、チョットした怪我や病気で瞬く間に「要介護」の状態になることも決して嘘ではない。
 健康・生きがい開発財団では、東京大学社会総合研究機構特任教授の辻哲夫氏(健康・生きがい開発財団理事長)と東京大学高齢社会総合研究機構教授/内閣府「一億総括役国民会議」有識者民間議員の飯島勝矢氏を講師に迎えて『フレイル予防』についての講演があります。10月7日(土)は、文京区民センターに開催。先着150名となっています。。

 (健康生きがいづくりアドバイザー 細野孟士)





【PDF】でご覧になる方はココをクリックしてください。

※バックナンバーはこちらからご覧いただけます。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
posted by たまゆら at 13:00| Comment(0) | 一面記事…P1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

平均寿命⇒男性:80.98歳 女性:87.14歳

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
平均寿命が更に高くなりましたが・・・・
平均寿命⇒男性:80.98歳 女性:87.14歳 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 2017年7月27日に厚生労働省が発表した、2016年分の『簡易生命表』の概況を発表した。
 2016年における日本人の平均寿命は、男性が80.98歳、女性が87.14歳となっている。下図はその数値をグラフ化してみましたが、戦後から今日まで下がることなく伸び続け、2013年に男性の平均寿命が初めて80歳を超えてからは4年連続更新しています。

045-表紙グラフ.jpg

 男性より女性の平均寿命が長いのにはいくつかの理由があると云われています。
【ホルモンの働き】男性と女性のホルモンの違い・・・・。
 悪玉コレステロールの濃度を下げる働きがある「エストロゲン」によりの女性には心疾患が少ないこと。
【基礎代謝が少ない】男性より女性の方が基礎代謝が低く女性の方が少ないエネルギーで生きて行けるのと、環境の変化にも馴染める性質をもっている。また、基礎代謝が少ないので老化を促進させる活性酸素ができにくい。
【健康チェックをしている】女性は毎日のように頻繁に鏡を看て顔色などから健康状態のチェックをしていることが多い。また、ちょっとしたことでもクリニックに行って検診を受けるのも女性の方です。何よりも、日頃から食事のバランスに気を配っていることや、おしゃべりに花を咲かせてストレス解消ができているのも女性ならではの歴然とした理由かも知れませんね。
 (健康生きがいづくりアドバイザー 細野孟士)




【PDF】でご覧になる方はココをクリックしてください。

※バックナンバーはこちらからご覧いただけます。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
posted by たまゆら at 13:00| Comment(0) | 一面記事…P1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

2週間の寝たきり生活が何と7年分の筋肉を失う?!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
サルコペニア(筋肉減弱症)
2週間の寝たきり生活が
 何と7年分の筋肉を失う?!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 近年『フレイル予防』という言葉が徐々に浸透してきている。
 いままで“老化現象”といわれてきた足腰の筋力が衰え、立って歩くのも一苦労などの症状が、「フレイル」という名称で呼ばれ始めています。
 これは2014年に『日本老年医学会』が考案したもので、老化の予防の必要性を指摘し提言されました。
 腰が曲がって身長が低くなるなど高齢者に多い目に見える症状や物忘れや認知機能が衰えるなどは、原因は加齢にあると言われてきましたが、超高齢化社会に伴い科学者により研究が進んだことにより、老化現象に対する様々な見解が出てきています。
 東京大学・高齢社会総合研究機構(ジェロントロジー:総合老年学)飯島勝矢教授は自治体などの行政に向けて高齢者問題の『新型栄養失調』について警告と提言を行っていることは尊敬して止まないことです。
3食食べているのに栄養失調の陥る人が高齢者70歳以上の6人に1人いると言う。
 フレイル(虚弱)は大きく3つに分類されるという。
・身体的フレイル⇒ロコモティブシンドローム、
         サルコペニア等
・心理的フレイル⇒うつ、認知機能低下など
・社会的フレイル⇒閉じこもり、困窮、孤食など

 行政や周囲の人々によるフレイルへの理解と包括的な評価が必要だと言われています。
 フレイル予防の中でも、サルコペニア(筋肉減弱症)は、要介護問題の高齢者をなくすためにも重要な問題として捉えられおり、外出頻度の減少が認知症を引き起こし、転倒での骨折が要介護状態への原因になるなど、一人ひとりの意識改革によってサルコペニアを阻止する努力が重要になってきます。
「2週間」の寝たきり生活により、実に7年分の筋肉が失うというショッキングな飯島勝矢教授の言葉に、救急搬送されて19日間入院していた我が身の体験を思い起こすと、「今からでも遅くない!」自分に必要なテーマはサルコペニア(筋肉減弱症)の回復運動だ…と、自覚した次第です。
(健康生きがいづくりアドバイザー細野孟士)



【PDF】でご覧になる方はココをクリックしてください。

※バックナンバーはこちらからご覧いただけます。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
posted by たまゆら at 13:00| Comment(0) | 一面記事…P1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする