2018年04月01日

あゝ定年かぁ・クライシス

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 あなたにとって本当の生きがいは…
   男のロマン 女の不満
あゝ定年かぁ・クライシス
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

053-一面.jpg

 25年前(1992年)に団塊の世代の人材(特に男性)が一斉に定年となった時に備え、健康いきがい開発財団が設立され、数千人のアドバイザーが創出されました。25年間で社会が大きく変わりましたが、百歳時代、男女共生、など、今では古希を迎えている「生きがいアドバイザー」でさえ、戸惑うことが多い日々だ。
 本誌に「男のロマン・女の不満」を記事として投稿いただいた後、再編集されて1冊の本に上梓された。あゝ定年か「クライシス」という原沢秀一氏の定年後の生々しい実体験を綴った体験記。
 夢を抱いて定年を迎えた夫と、それに対する妻の冷静さは不満だった。定年を迎えたら…と、かつて妻に話していた「キャンピングカーを買って妻と全国に旅を…」と妻に切り出したら喜んで賛成してくれるかと思いきや、一気に冷戦状態になってしまったとか…。
 定年とクライシス(crisis)は、何とも絶妙な表現。
危機という意味でも経済上の危機や恐慌などを表す言葉として使われています。
 ただ、「クライシス」の意味は全てが悪い状態ではなく、良い方向に向かう出発点というのも含まれているのだそうですから、転機、分かれ道、重大局面ととらえ、どのようにして乗り切るか?どうして乗り切れたか、などが分かる定年となった男性達の『定年バイブル』とも捉えられるものです。
 理屈で分かったつもりでも本当の定年後の生活を分かっていないと嘆く「妻達への応援メッセージ」になるのではないでしょうか。真実を赤裸々に語る原沢氏の本書は、
アマゾンと電子書籍で購入できます。
(健康生きがいづくりアドバイザー・細野孟士)








【PDF】でご覧になる方はココをクリックしてください。

※バックナンバーはこちらからご覧いただけます。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
posted by たまゆら at 13:00| Comment(0) | 一面記事…P1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: