2018年02月01日

プラズマローゲン

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  認知・ストレス・睡眠改善機能をもつ
              食品素材としての
       プラズマローゲン
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 プラズマローゲンは、哺乳類では脳や心臓、骨格筋といった酸素消費量の多い組織に比較的多く存在するものです。
 プラズマローゲンは、例えば脳においては、エタノールアミン結合型の占める割合が多い。構造上の特徴としてプラズマローゲンは酸素の反応性の高いビニルエーテル結合を有するため、通常のグリセリン脂質と比較して酸化ストレスに対する感受性が高く、生体内において抗酸化剤として機能していると云われています。
 プラズマローゲンの特許(特願 2015-092999)は、丸大食品(株)及び国立九州大学の共同出願による『学習記憶能力増強剤』が特許審査通知を受領したものです。
 健常な哺乳動物が特定のプラズマローゲンを摂取することにより、健常な学習記憶能力が増強することが認められたものです。

051-プラズマローゲン.jpg


●認知症も重い脳疲労

 「脳疲労」の最も重症型の病気が認知症と言われています。
 健康な人と認知症の人とでは、脳内のプラズマローゲンの量に差があることがわかっています。
 このプラズマローゲンは健康な人であれば自力回復できますが、「脳疲労」の激しい認知症になると自力ではつくりにくくなりますが、外から補うことで対策が可能になりました。
 プラズマローゲンは動物の体内に多く存在しています。これまでは豚や牛から少量抽出されていましたが、最近では鶏ムネ肉やホタテ貝から安定抽出できるようになりました。
(九州大学名誉教授 医学博士 藤野武彦先生談)





【PDF】でご覧になる方はココをクリックしてください。

※バックナンバーはこちらからご覧いただけます。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●


posted by たまゆら at 13:00| Comment(0) | 一面記事…P1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。