2018年01月01日

《まも〜る》の活用と「がん光免疫療法」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ガンで良かったと妻と乾杯できる人
まも〜る》の活用と「がん光免疫療法」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 近赤外線光と新たに開発された薬剤を使って《がん》を治療するという『がん光免疫療法』の治療が、日本で3月から始まるという朗報は、小林久隆・米国国立衛生研究所主任研究員によるもので、多くのがん患者にとってはまさに救世主だ。
 日本人にとっては、治験に時間がかかることが多いこれらの治療が、いつから日本での治療が受けられるのかは、関心の高いところです。

 これまで、がんの治療法は、手術、抗がん剤治療、放射線治療が三本柱とされていたが、それぞれの治療法における問題点は、臓器の組織を構成する《幹細胞》も死んでしまうのだという。
 がん細胞を殺すことが出来ても、がん細胞のあった臓器の周辺が、焼け野原になってしまうという。その点、『がん光免疫療法』は、がん細胞をピンポイントで死滅させられる効果があるというから、焼け野原にならない。
 新しい治療法が発見されても、実用化に向けた大きなハードルは如何に早く多くの治験を進めるかだったが、今回は《楽天》の三木谷浩史会長がスポンサーとなったことが大きいという。

050-一面記事.jpg

 将来は、8〜9割のガン治療が可能になるというのは、ほとんどの《がん》が治ると云うことで、がんの早期発見をサポートする《まも〜る》と『がん光免疫療法』の組み合わせによって、画期的ながん対策が確立するのではないでしょうか。
 治療が長引くのは、がんの発見が遅れたことが大きく影響するわけだから、「早期発見、早期治療」の大原則を励行することによって、がんであっても、つつがなく治療が出来るようになるわけです。
(健康・生きがいづくりアドバイザー 細野孟士)





【PDF】でご覧になる方はココをクリックしてください。

※バックナンバーはこちらからご覧いただけます。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
posted by たまゆら at 14:00| Comment(0) | 一面記事…P1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: