2017年10月01日

55回のセミナー開催は〜静かな川の流れのように〜

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
終活 は流れて変る花筏!
55回のセミナー開催は〜静かな川の流れのように〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 平成26年1月27日、文京シビックセンター3階の会議室で第一回終活応援セミナーがスタートし、いつしか55回を迎えました。静かな流れに浮かんだ花筏のような社会の変化に沿って様々に形を変えながら開催した『たまゆらサロン』の終活応援セミナーに対する取組には、理解し協力して下さった多くの方々からの熱い想いがあってのことと心に刻んでいます。

047-表紙3.jpg


047-表紙2.jpg



 「花筏」が春の季語であることを知りつつ終活の「筏」になぞらえて見てきました。
 そもそも筏は、川に流された骨壺(こつつぼ)の様子からきているのだそうです。いにしえの時代からの言い伝えで、川に浮かべていた「筏」に、骨壺を紐で結んで流していたもの。
 骨壺が花と一緒に筏に結びつけている紐が緩んで外れてしまう。外れると言うことは、川に流されていくと仏教のあの世にある極楽浄土に早く行けることとされていたようですから、花筏の様子は終活と縁遠いものではないように感じています。

047-表紙1.jpg



 少子高齢化が引き起こした社会構造による政治と福祉、経済格差と税制、超高齢化と高齢者用住宅、健康と生きがいづくり、マイナンバー制度など、日々刻々と変わる“終活”の裏側を冷静に検証し、他人事ではない“終活”の見えなかった部分を分かりやすくお伝えするレポートとして発行を続けて参ります。

 特に、税務の問題は、有資格者ではなければ数値の記載された相続書類を作成することさえも憚られるのが現実で、専任講師の富永徹也税理士によって解決しました。
 これからは、個人や事業主の方々の会計処理についてもお手伝いできる体制を整えましたので、お早めにご相談いただくことをお勧めいたします。
 (健康生きがいづくりアドバイザー 細野孟士)






【PDF】でご覧になる方はココをクリックしてください。

※バックナンバーはこちらからご覧いただけます。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
posted by たまゆら at 13:00| Comment(0) | 一面記事…P1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: