2017年06月01日

〜認知症疑い 嗅覚検査〜

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
認知症予防・新書 bS2
特定非営利活動法人 認知症介入指導協会
  代表理事 清輔喜美男
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


〜認知症疑い 嗅覚検査〜 
−エーザイ・米ペンシルベニア大学−
 エーザイは人の嗅覚を利用して認知症の兆候をつかむ簡易検査キットの販売を始めた。
 認知症は一部で、初期段階に嗅覚異常を起こすと分かっている。正確に臭いを把握できない人を発症の疑いがあるとして注意を促す。高齢化によって認知症患者が増えるなか、迅速な検査法の導入によって、早い段階で医師の診察を受けてもらうことにつなげる。エーザイは米ペンシルベニア大学が開発した手法「アップシット」に基づいた嗅覚異常の検査キットを発売した。シートを嗅いでもらい、どんな臭いだったか4種類から選んでもらう。正確に回答できなかった場合、認知症をはじめ体の異常を疑ってもらう。
 シート10枚入りで約1万円。一般販売はせず主に自治体への販売を見込んでおり、健康相談といった高齢者ケアなどに役立ててもらう。こうした簡易検査キットは珍しいという。最近の研究で、認知障害が発症する20年ほど前から脳細胞の衰えが始まり、嗅覚障害や不眠、うつ症状がでることが分かっている。国内の65歳以上のうち認知症患者は2012年に約462万人で、25年には700万人を超すとされる。
(日本経済新聞5月14日朝刊要約)
〜認知症兆候を簡易判定 血液検査データで〜
      −日本大学工学部ー 
 日本大学工学部(福島県郡山市)は、認知症に移行する前段階の「軽度認知障害(MCI)」を簡易に高精度で判定する手法を開発した。
 これまでは専門的な問診や画像診断などが必要だったが、健康診断で実施する血液検査データのみを使って9割を越す高い確率で推定できる。高齢社会の課題である認知症のリスクを早期に発見し、症状悪化の予防につなげる。
 MCIは健康な状態と認知症の中間にあり、日常生活に支障はないが、年齢などでは説明できない記憶障害がみられる段階。早期に把握すれば、予防に向けた生活習慣の見直しなどに早く取り込めるメリットがある。新手法は人口知能(A I)の深層学習(ディープラーニング)によって、たんぱく質など血液の成分と、認知症の進み具合の関連を分析。その結果を新たな受診者の血液のデータと突き合わせて判定する。通常の健康診断を利用できるので、時間や経費の負担軽減につながる。
(日本経済新聞5月17日朝刊より)



NPO法人 認知症介入指導協会  http://www.ninchisho-yobo.jp


○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●


posted by たまゆら at 10:00| Comment(0) | 認知症予防・新書bQ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。