2017年01月04日

センテナリアン時代の終活を考える年

=======================
センテナリアン時代の終活を考える年
=======================

 新年明けましておめでとうございます。
 少子高齢化時代の到来について様々な対策に対して警鐘が鳴らされていましたが、少子化もさることながら、平均寿命や健康年齢が毎年更新されてきた結果として、超高齢化社会が現実となり、実に100歳以上の高齢者(センテナリアン)が6万5千人を超えるまでになっています。
 『センテナリアン』とは、言うなれば一世紀を生き抜いてきた人のことで、長寿化が進む日本においては2050年には100万人を突破すると予測されています。今後は先進国で誕生する子供の50%はセンテナリンになるとも云われています。
 現在、19歳の子供は101〜102歳の寿命で、29歳の人は98〜100歳に、39歳は95〜98歳に、59歳の人は89〜94歳となる計算です。
 平均寿命は110〜120歳にまで伸びるということで、『人は一世紀生きる』という現実を基にした、国の経済と雇用、健康と生きがい、そして食糧問題などを考慮するとともに、租税徴収のあり方と福祉問題など大きな舵取りが必要になってくるのではないでしょうか。
 労働力人口の減少を鑑みて、多くの企業が雇用対策に限界を感じ、むしろ意図的に雇用を少なくし雇わない産業構造により、雇用が半減することも予測されています。
 110歳以上の人を「スーパーセンテナリアン」といいますが、現在も日本に2名が存命されています。
・田島ナビさん(女性)116歳と156日(九州地方)
・都千代さん(女性)115歳250日(関東地方)。

 税務署と税理士、社会保険事務所と社労士、相続コンサルタントなどは、この大きな社会変化を踏まえた上での年金や社会福祉に直結する相続提案が必要で、税務署や社会保険庁の改正点に目を離せませんね。
(出典:慶應義塾大学医学部百寿総合研究センター広瀬 信義氏)




【PDF】でご覧になる方はココをクリックしてください。

※バックナンバーはこちらからご覧いただけます。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●


posted by たまゆら at 14:00| Comment(0) | 一面記事…P1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。