2016年11月01日

〜「アルツハイマー予防研究」〜

■認知症予防・新書 bQ・35

清輔美喜男さん.jpg
特定非営利活動法人 認知症介入指導協会  
代表理事 清輔喜美男


〜「アルツハイマー予防研究」〜
 国内の認知症の半数以上を占めるアルツハイマー病を、発症前に防げるかどうか調べる国際共同研究に東京大学が参加する。
 アルツハイマー病では現在、症状の進行を抑える薬が使われているが、根本的に治す薬はない。
 今世紀に入り、世界でアミロイドβを減らす薬が相次いで開発され、根治薬への期待が高まったが、海外の大規模治験でいずれも挫折した。
 認知症が進行した状態では、既に神経が死滅しており、薬でアミロイドβは減らせても、認知症の改善にはつながらなかった。
 そこで、神経細胞の死滅が進んでいない「発症前」に世界の注目が集まり、米国立衛生研究所(NIH)の呼びかけで今回の研究は始まった。主任研究者で米ハーバード大学のリサ・スパーリング教授は「文化や遺伝的背景の違いを超えて認知症予防に効果があるかどうかをみるためにも日本の参加は重要」と話す。
 効果が確認されれば、アルツハイマー病の治療は「発症前」が主流になり、高齢者の2割が治療の対象になるという試算もある。近年、効果は高いが値段も高い、高額新薬が医療費の高騰に拍車をかけているだけに、医療費の観点からの議論も必要になるだろう。
 (読売新聞朝刊より要約)

■ 認知症予防にウォーキング
 認知症を予防するため、ウォーキングを活用しようという試みが広がっている。
 6日に東京日比谷公園で開かれた体験会には約60人が参加。イチョウの大木など公園内の見所について説明を受けながら、約1時間半のウォーキングを楽しんだ。 
 体験会では両手にポールを持って歩く「ノルディックスタイル」でバランスよく歩く練習も行われた。参加者は「普段は歩く機会がほとんどない。きょうのイベントをきっかけに歩きたい」と話していた。
 実技の前に東京都健康長寿医療センター研究所の藤原佳典部長が、認知症の予防について参加者に説明。
 「脳神経に酸素と栄養を与えるためには、毎日の運動と十分な食事が大切。また、頻繁に外出する人や、家族や友人との交流が活発な人は認知機能が衰えにくいこともわかっている」と話した。
 認知症予防のためにウォーキングを続けるコツとして、「名所や史跡を訪ねるなど、楽しみを見つけること」をあげた。
(読売新聞10月12日朝刊より)


NPO法人 認知症介入指導協会  http://www.ninchisho-yobo.jp


○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●


posted by たまゆら at 10:00| Comment(0) | 認知症予防・新書bQ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。