2015年10月21日

終活応援セミナーを開催のご報告(10/20)

●終活応援セミナーを開催のご報告(10/20)

終活応援セミナー(裏面あり)H271020-4.jpg

平成27年10月20日(火) 文京シビックセンター3階会議室1にて
「終活応援セミナー」を開催いたしました。
約3ヶ月ぶりのセミナーとなりましたが、多くの方に参加していただき誠に感謝しております。
ご来場いただき、誠にありがとうございました。

アンケートなどで予てより「エンディングノートの書き方講座を開いて欲しい。」とのご要望を多くいただいておりました。
しかし、内容が複雑すぎて最期まで書きあげられなかったりと、書き手として納得できるノートが見つかりませんでした。
そのため、「終活」そのものを輝いて実践する!それを応援できるノートの研究を続け、ついに『たまゆら終活応援ノート』を創り上げることができました。

「ありがとうの言葉で綴る私の想い」をテーマに今回「『たまゆら終活応援ノート』の作り方と活用方法」を開催させていただきました。

1-1.jpg
(一社)日本葬祭コーディネーター協会代表理事の安部由美子さんに来ていただき、
『たまゆら終活応援ノート』の作り方をリードていただきました。
体調がまだ回復せず喉の調子も悪い中でも、やさしい口調で語りかけてくださいました。

6.jpg
今回は講義ではなく、参加者みなさまと一緒に書き綴ることがテーマでしたので、
向かい合っていただき、皆さまの顔を見ながら語り合う配置とさせていただきました。

2-2.jpg
↑「社会の出来事と歌の年表」の説明をする
 潟zロニックス総研 代表取締役
   リスク・カウンセラー 細野孟士氏

本セミナーで一番の盛り上がりに一役買ったのが、
「社会の出来事と歌の年表」。
参加者自身が生まれた年の出来事は流行歌を話すうちに、
当時の記憶がいろいろと思い出されてくるのです。
始めは口数が少なかった皆さまも次第に嬉々として話し出していました。
4-2.jpg

セミナーの最期には「上を向いて歩こう」の大合唱。
20代から80代と幅広い世代の方々にご参加いただきましたが、
全世代共通で知られていることに驚くと同時に、
歌の持つ世代を超えた素晴らしさをに感動しました。

多くの専門家の方々にご協力いただき完成した『たまゆら終活応援ノート』。
今後はこのありがとうの気持ちを詰め込んだノートの発行を機に、
終活カウンセラーや専門家による終活関連のセミナーと終活応援ノートの活用セミナーをコラボした
『終活応援セミナー・キャラバン隊』を編成し各地へ巡回する予定でおります。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●


posted by たまゆら at 10:00| Comment(0) | 終活応援セミナー開催のご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。