2015年10月01日

待ちに待った終活のツール『たまゆら終活応援ノート』

待ちに待った終活のツール
『たまゆら終活応援ノート』
022-p1ノート表紙.jpg



 待ちに待った終活のツールとなる
ありがとうの言葉で綴る私の思い『たまゆら終活応援ノート』
が創案から2年をかけ十月二十日に発刊・発売することになりました。
 『ありがとうの言葉で綴る』が開発のテーマで、高齢化社会で問題の多い相続が「争続」や「争族」にならないように…と、幸せな人生を創り出したいという想いを込めて編集いたしました。
 お一人でも…、親子でも…、カップルでも…、兄弟でも…、お友だちとも、楽しく語り合いながら少しずつ書き足していくと、なぜか「幸せな気持ちが湧いてくる」不思議なノートなのです。
 「社会の出来事」と「歌は世につれ」の年表を観ながら回想すると、思わず鼻歌がでてしまう…。
 すると世相に重ね合わせるように自分の身の周りにあった「私の出来事」の蘭が埋まっていくのです。
 年表は大正元年〜2015年までありますから、ご両親も祖父母にも親子三代にわたって想い出が重なり、忘れかけていた想い出に会話が弾むようになります。
 『歌』には、皆さんの想像を超えた素晴らしい力があります。
 声に出して歌うと、周囲の人も引き込んでしまい、歌はそれぞれの人の想い出の糸口を引き出してくれるのです。
 『想い出年表』は記憶が呼び起こしながすーっと埋まっていきます。 『私の相関図』は、家族、親戚、学友、恩師、ペット、仕事仲間、ご近所さん、たからもの、本などを書き込んでください。
 お世話になった方が思い浮かび、「伝えたいありがとう」の蘭に書けるようになります。
 『たまゆら終活応援ノート』を、いまから“終活”を始める人には、コミュニケーションツールとしてもご利用いただけます。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●


posted by たまゆら at 15:00| Comment(0) | 【特集】たまゆら終活応援ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。