2015年07月01日

死ぬ十五分前に読む本

チョット…ひと言
 〜死ぬ十五分前に読む本〜
                 著者・深見東州  
             発行・たちばな出版


 タイトルに驚きましたが、高齢化社会の中で「終活」は、いかにして毎日をいきいきと輝いて生きられるかと、一問一答する場面に自分自身が戸惑うことがありますが、『温かい』『明るい』『軽い』の三つを持っていたら、誰だって天国へ行けるという言葉が印象的でした。
 多くの宗教を超えて、人間らしく、人間とは何か…を感じながら読める、今までになかった、読むほどに心が落ち着き、勇気が湧いてくる本です。
 カウンセリングサロン『たまゆら』の会員の方から贈呈していただきましたので、ご希望の方10名様に差し上げます。詳細は、事務局までお申込みください。郵送いたします。

深見東州氏(本名・半田晴久)プロフィール
 文明評論、宗教評論の著作も多く、累計169万部を突破した『強運』や、『「日本型」経営で大発展』をはじめ、著作は七カ国語に訳され、270冊を超える。中国国家一級美術師、中国国家一級声楽家、シドニー・オペラハウス専属国立オペラ・オーストラリア名誉総裁及びゲストアーチスト。現代の「レオナルド・ダ・ヴィンチ」「ルネサンスマン」と呼ばれて久しい。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○


posted by たまゆら at 08:00| Comment(0) | チョット…ひと言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。