2013年11月30日

「終活応援レポート」発行に当たって

 二十数年間にわたって続けてきた中小零細企業経営者と家族からの相談は、事業改善、事業の再生・再起の支援が中心でした。

 しかし、昨今の問題点は経営者の高齢化、認知症問題、後継者の不在、などの少子高齢化に起因する新たなる課題が顕在化してきました。

 そこには、相続の問題、遺言書、成年後見人など法務に関わることから、家庭や親族内の介護や精神疾患など「F・P」や「カウンセラー」の存在が必要とされるようになってきたのではないでしょうか。

 カウンセリングサロン『たまゆら』は、多くの終活カウンセラーが集い情報交流のある「ハブ機能」を活性化させ、広く情報発信の媒体として『終活応援レポート』の発刊をすることにいたしました。

 情報を求める人、情報を発信したい人、専門家からの助言や支援を求めている人、心の問題をスッキリさせたい人、老後の問題に行き詰まった人など…、読者による、読者のための情報誌として、末永く発行を続けていく所存です。

細野孟士.jpg
カウンセリングサロン・『たまゆら』
主宰 細野孟士

posted by たまゆら at 14:01| Comment(0) | ごあいさつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: