2017年07月14日

おもしろ税ミナール7月14日(金)

第10回 ホロニックス資産形成塾

おもしろミナール

元・国税庁 特別国税調査官が見た!
実話!本当にあったまさかのお話
しくじり相続事例
へそくりも相続財産?

ホロニックス資産形成塾!2017.07.jpg

講師に国税庁職員として40年以上勤務し、直近6年間は、特別国税調査官として現場で辣腕を振るわれていた富永徹也氏をお迎えいたします。

講演後に無料相談会も開催いたしますので、これからの相続対策にお役立ていただければ幸いです。

詳細は下記にてご確認ください。

           下記


◆講 師:一般社団法人相続アドバンスト倶楽部 主宰
     JICA一般社団法人相続診断協会パートナー
     富永 徹也 氏

◆日 時:平成29年7月14日(金)
     14:00〜16:30
     (休憩15:00〜15:10)
         
◆会 場:文京区民センター 3階 3ーC会議室
     (文京区本郷4−15−14)

◆参加費:無料
     ※個別相談会は事前にお申込みください。

▼詳細、リーフレットはこちら↓

▼たまゆらホームページからのご予約はこちらから

▼フェイスブックからのご予約はこちらから

▼お申込みは電話、FAX、メールにてお願いいたします
 電 話:03-5804-4882
 FAX:03-5804-4880
 メール:info@holonics.gr.jp

主催:潟zロニックス総研
協力:積水ハウス 東京南シャーメゾン支店
   鰍りがとう・不動産
   NPO法人えこお
   巨V榮企画
   (合)三浦企画
   鰍ネつコーポレーション

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
posted by たまゆら at 14:00| Comment(0) | おもしろ税ミナールのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月22日

おもしろ税ミナール6月22日(木)

第9回 ホロニックス資産形成塾

おもしろミナール

元・国税庁 特別国税調査官が見た!
実話!本当にあったまさかのお話…事実は小説より奇なり
欲を出し過ぎた相続の失敗

ホロニックス資産形成塾!2017.06.22-2.jpg

講師に国税庁職員として40年以上勤務し、直近6年間は、特別国税調査官として現場で辣腕を振るわれていた富永徹也氏をお迎えいたします。

講演後に無料相談会も開催いたしますので、これからの相続対策にお役立ていただければ幸いです。

詳細は下記にてご確認ください。

           下記


◆講 師:一般社団法人相続アドバンスト倶楽部 主宰
     JICA一般社団法人相続診断協会パートナー
     富永 徹也 氏

◆日 時:平成29年6月22日(木)
     14:00〜16:30
     (休憩15:00〜15:10)
         
◆会 場:文京区民センター 3階 3ーC会議室
     (文京区本郷4−15−14)

◆参加費:無料
     ※個別相談会は事前にお申込みください。

▼詳細・FAX用紙はこちらから
http://www.holonics.gr.jp/seminer/shisankeiseijuku/pdf/290622.pdf

▼たまゆらホームページからのご予約はこちらから

▼フェイスブックからのご予約はこちらから
                   
▼お申込みは電話、FAX、メールにてお願いいたします
 電 話:03-5804-4882
 FAX:03-5804-4880
 メール:info@holonics.gr.jp

主催:潟zロニックス総研
協力:積水ハウス 東京南シャーメゾン支店
   鰍りがとう・不動産
   NPO法人えこお
   巨V榮企画
   (合)三浦企画
   鰍ネつコーポレーション

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
posted by たまゆら at 14:00| Comment(0) | おもしろ税ミナールのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

家族の心を一つに惹きつける扇の要の役割か?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
障がいのある子供は神様の子だと知る!
=家族の心を一つに惹きつける扇の要の役割か?= 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 今から60年ほど前のこと、私の6人兄弟の末っ子の妹が5歳の時に1週間ほど高熱がつづき、やっと高熱が下がったと家族は安堵していました。
 四肢の動きの異常に気づいた両親が大学病院にて診断をしてもらったが、「脳性小児麻痺」という病気で脳の中にオデキができているのが原因だ・・・・と、入院して脳の中の原因物質を発見するべく後頭部を開いたもののそれらしいものは発見することはできず、やむなく退院して自宅に戻った。
 やがて時が過ぎると共に四肢の動きの異常は酷くなるばかりで、手摺りに掴まって自立することすら困難になり、ほぼ寝たきりの状態になってしまった。
 言葉を話すことができなくなり、箸もスプーンも自分で使用して食事をすることさえできなくなり、小学校に登校することもないまま家族に囲まれ家族の会話に耳を傾けニコニコとして静かに横になっていました。
 家族にとって一番気がかりになっていたことは、妹とのコミュニケーションが成立していて…本人の意思を正しく受け止めてあげられているのかが心配でした。
 その時ほど、アイコンタクトの大切さを感じたことはありませんでした。頭や四肢のわずかな動きから送られてくる意思を見落とすまいと、家族のみんなが妹と接していました。
 本人の気持ちは分かりませんでしたが、母親は妹と一緒に死ぬことが頭をよぎったことがあったと後日に耳にしました。何よりも恵まれていたのは、兄弟の友達のみんなが妹に話しかけ優しく接してくれたことで、弟も、妹も、それぞれの伴侶もその時の様子は忘れないでいると思います。
 いま『終活』を通して様々な人々と接していますが、自分がそうした家族の話をすることで、親族の中に障がいを背負った人が居ることを知り、それぞれの家族がそのことを心に刻み大切にしつつ、ご自身の終活を進めておられることを深く感じます。
 妹は23歳で亡くなりましたが、妹のことを思い出すときは心が荒んでいるときではなく、立ち止まって静かに自分のいく末を考えるときで、天に向かって深呼吸をし、生きられていることに感謝するときでもあります。
 そして、再び兄弟が一つの心で居たときの『扇の要』としての妹の存在を語り合いたいと思います。



【PDF】でご覧になる方はココをクリックしてください。

※バックナンバーはこちらからご覧いただけます。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
posted by たまゆら at 13:00| Comment(0) | 一面記事…P1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■ たまゆら資産形成塾 5月30日㈫

たまゆら資産形成塾
◆講師 富永てつ也氏 (富永てつ也税理士事務所 税理士)


◆5月30日(火)/第8回・資産形成塾 in 文京区民センター3階
元・国税庁特別調査官が見た!  相続の失敗事例と成功事例
ーーーあなたは体験しましたか? マイナンバーのリスク!ーーー


 確定申告が終わり「マイナンバー制」の施行により金融業界が大きく変化することに拍車がかかっている。
 中でも2300万あるという証券口座は2018年12月迄にマイナンバー申請がないと2019年から取引が出来なくなる。NISAにあっては野村証券が50%,大和が20%しかマイナンバーが把握できていなく、マイナンバー登録がないとNISAが失効になってしまうこともあるらしい。
 銀行でも来年2018年1月までにはマイナンバーが登録申請されていない人に対するペナルティーもある…と。今年の3月の確定申告で集められたマイナンバーによる情報で、国税庁として必要であった証券や金融の資産情報が思惑通り収集できたようです。 
  資産を把握されたくないと思っている人は、資産の持ち方を考えないといけないかも知れませんね。


043-表紙本.jpg



043-表紙富永先生写真1.jpg

だんだんと明るみに出てきたマイナンバー制導入の実態について熱く語る。

043-表紙富永先生写真2.jpg



043-表紙セミナー風景.jpg







039-p1イラスト.jpg


○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
posted by たまゆら at 12:00| Comment(0) | ホロニックス資産形成塾活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『年金支払特約」の付加で、分割(年金)で受け取れる!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
自分が死んだとき…保険金を思い通りの人に活用して欲しい!−B
『年金支払特約」の付加で、分割(年金)で受け取れる!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

◆『年金支払変更制度』とはどんなものなの?

 加入している生命保険の保険金や解約返戻金を受け取る際に、受取人がいきなり大金を受け取ることになり、これからどうしていいのかわからなく動揺したということでご相談を受けることがあります。
 事前に「年金支払特約」を付加しておくことにより、一括(一時金)ではなく分割(年金)で受け取ることが出来ます。

 前回お伝えしました“生命保険信託を使うほどでは無いが・・・・”、とお考えの方の意向にマッチする方法ではないでしょうか。

 保険金の場合、受取人(配偶者や子ども)が大金を手にして面食らわないようにしたい…と、云う対策として、一定の金額を数年に渡り(若しくは終身)確実に届けられるため、自分自身の想いを受取人に示すことが出来ます。
 また、年金として受け取り始めても、あるタイミングで残金を一括で受け取ることも可能です。
 『年金支払変更制度』を適用したい対象として考えられるのは、「生命保険信託」と同じく、保険金受取人の財産管理能力に何らかの課題がある層や、お子さんが小さい場合、あるいは、障害をお持ちの方が受取人になるケースです。
『付加する手続きは?』
 付加をする際には、新たな費用は一切掛かりません。 分割にして受取期間が長くなるので、結果として、受け取り総額は一括で受け取る場合より増えることになります。

『税務の視点から…』
 税務としては、死亡により保険金として受け取る際には「相続税」の対象になり、また、解約返戻金等のように、生存時に本人が受け取る際には一時所得となり所得税の対象になります。
(課税は初年度のみで、2年目以降は非課税)
※受取人が障害者の場合、障害者年金の受給要件には掛かりません。
※保険金を年金形式で受け取る保険とは異なります。

    (ファイナンシャル・プランナー 細野孟士)

死亡保険金を年金で受け取る場合の事例
(ソニー生命、パンフレットより引用)
043-p2表1.jpg

043-p2表2.jpg

043-p2例示の・・.jpg
posted by たまゆら at 11:00| Comment(0) | 特集記事…P2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする